Wacken Open Air 2017 本戦3日目 ‐最終日その①‐

f:id:MAR1NA:20170827192655j:image

 

Wacken Open Air最終日。天候やら足下やら初めての体験ばかりの中でしたが、ようやくゴールが見えてきました。長いようで短かったドイツ4日目。この日も朝は早起き、前日より2時間遅い出発となりましたが、道も覚えていたのでスイスイです。

 

最終日もPRESSエリアへ続く階段前に到着したのは1番。

顔見知りになったセキュリティのおっちゃんに『キミ達かよ』と笑われる。首までタトゥーがガッツリ入っているいつもスマイルなおっちゃんとは、前日にHeaven Shall Burnまじヤバいよねって話もした。Wackenの素敵なところは、会場のセキュリティの人達も音楽が好きでしっかり仕事もしつつ楽しんでいるというところ。大抵の人に出演するバンドのネタが通じる、これはとても嬉しい事だ。

 

さぁ受付開始と共にPRESSテントへ。

 f:id:MAR1NA:20170827192456j:image

念願のHeaven Shall Burnの撮影権をここでゲット!!!!遂に!遂に夢が叶ってしまう!

その他にはLOUDER STAGEでのRAGE、FASTER STARGEでのPOWERWOLFとAmon Amarthを。前日までの私の言葉がぐったりするほどの疲労により「明日から本気出す…」だった。

その言葉通り、この日はほぼ休む暇もなく計8バンドを撮影。

 

RAGE

f:id:MAR1NA:20170827201414j:image

LOUDER STARGEには前日比較的若いメタルコアファンや女の子が多く集まっていたのだが、この日は地元ドイツの彼らが出番という事で最前列の雰囲気もガラリと変化。

 f:id:MAR1NA:20170827201454j:image

3ピースの彼らは、大柄でとても表情豊か。歌パートではない部分では右往左往に動き回る。

f:id:MAR1NA:20170827201526j:image

一見怖そうな見た目と物々しいアートワークのバッグフラッグだったが、メンバー同士の仲も良さげでショーはとても笑顔に包まれた明るい物となっていた。

f:id:MAR1NA:20170827201556j:image

3曲目が終わると『えっ?なんで俺が今日英語でMCしてるかって??今日はインターナショナルなフェスティバルだろ?ここにいる皆と俺は言葉を交わしたいんだ』とおどけた調子でVo.が発言。ドイツ勢からは彼らのチャーミングさに笑いが、そしてワールドワイドな客層(もちろん私を含めてだが)は彼の言葉に歓声と拍手を送った。

 f:id:MAR1NA:20170827201625j:image

PRESSテントに戻り、サクッと編集を済ませた後はテントステージのエリアへ。

 

 

W.E.T STARGEへ着くとまさかの20分押し。ここで目当ての2バンドを撮ったら急いでメインステージエリアへ戻らないとHeaven Shall Burnが始まってしまうというのに…。内心少し焦りつつ、ステージの準備が整うのを待つことに。その間に偶然そのステージを見に来ていた日本人の男性お2人に話しかけてもらったりと、人見知り故に普段の海外ではできない経験もさせていただいた。(まぁ私の向かうジャンルに日本人がいる事って滅多にないのですが…。あとアジア諸国の方や、日系の方だった場合は言葉が違って申し訳ないな…と思い、このWackenでは日本人らしき人達がいるのを見ても話しかける事はなかったのだ)

 

 

f:id:MAR1NA:20170827201734j:image

Twilight Force

9月に来日が決まっているアドベンチャーメタル、Twilight Force。登場するSEやその身振り、そして衣装からメンバーの話し方まで徹底した世界観。

f:id:MAR1NA:20170827201819j:image 

最初はやはりなんだコイツらは!?と思ってしまうような見た目驚くバンドだが、そのステージのクオリティの高さと演奏技術を目の当たりにすれば度肝を抜かれるだろう。

 f:id:MAR1NA:20170827201904j:image

1曲目は最新作HEROES OF MIGHTY MAGICより"Battle Of Arcane Might"、この時点で私は心底驚いた。アドベンチャーメタルの名を冠している通り、シンセサイザーの音や映画/ゲームの中の効果音のような音も多用されているバンドなのだが、楽器隊が滅茶苦茶巧い。

f:id:MAR1NA:20170827202332j:image

ドラムなんてバスドラ2つで足数も多いし、特に見た目が先行しがちなギター2人がとても面白いテクニカルな弾き方を披露するのも楽しい。

 f:id:MAR1NA:20170827202049j:image

 

また、メンバー同士も仲が良いようで髪の毛で遊んだり小突いたり…

 

f:id:MAR1NA:20170827201941j:image

こんな場面まで。

 

f:id:MAR1NA:20170827202127j:image

f:id:MAR1NA:20170827202025j:image

そしてカメラマンにしっかり目線を向けてくれたり、一番ファニーな一面見せてくれたのが彼。……エルフ…なのだろうか(笑)

 f:id:MAR1NA:20170827202152j:image

出身地はTwilight Kingdom...という事になっているが、ヨーロッパを中心にやはりファンベースは大きいようで、テントステージのエリアが後ろまで満員になっている状態。Twilight ForceのTシャツを着ているファンも多かった。

 

f:id:MAR1NA:20170827202309j:image

ラストは彼らの代表曲とも言える"The Power Of The Ancient Force"を。会場が一体となって手を挙げ、サビではお決まりの"Twilight Force"の大合唱。最後まで笑顔と勇気が溢れ出るようなステージ。

f:id:MAR1NA:20170827202431j:image

彼らはこの翌月である9月の1-3日に初来日を果たす、見ないと絶対に後悔するよ!そう断言して各方面に呼びかけたいほどの素晴らしいステージだった。

 

 

 

ここで一旦次のバンドの時間に外へ。雨やスケジュールの関係で立ち寄れなかった一番奥のエリアへ向かう。

 f:id:MAR1NA:20170827202534j:image

ヴァイキング風の様相をした店や商品が並ぶエリア、そして映画MAD MAXの世界観を具現化したようなエリアが続いていた。

 f:id:MAR1NA:20170827202722j:image

写真とってもいい?と聞くと、皆が思い思いにポーズを撮ってくれた。

 f:id:MAR1NA:20170827202756j:image

 f:id:MAR1NA:20170827202818j:image

辺りにはEDMやDubstepが響き渡り、まさにMAD MAXのような荒廃した未来感がいい。

f:id:MAR1NA:20170827202904j:image

f:id:MAR1NA:20170827203026j:image

彼らの写真集やポートレート、グッズ等も売っていて結構興味深かった。

 

 

f:id:MAR1NA:20170827202654j:image

こちらは麻袋?を相手にぶつけて落とすゲームらしい。

 

行列のできるパン屋やカリーヴルストの店もこのエリア内にあり、どうやら毎年出店していてW.O.Aに訪れるメタラーの中では定番化しているそうだ。

 

そろそろ時間だなと思い、再びテントステージへ。

 

 

f:id:MAR1NA:20170827203119j:image

Emil Bulls

W.E.T STAGEでは地元ドイツの漢メタルコア、Emil Bullsがスタート。当初は同じくドイツの重鎮メタルコアHeaven Shall Burnとタイムテーブルがほぼ丸被りだったため諦めかけていたのだが、キャンセルのバンドが出たため約1時間前倒しに。しかし20分遅れなので3曲撮ったらダッシュでメインエリアへ向かわねばならない…楽しみにしていたバンドだけにちょっと悔しい。

 f:id:MAR1NA:20170827203213j:image

先程のTwilight Forceの優雅さとは一転、漢気溢れるステージングをカマすEmil Bulls。

 f:id:MAR1NA:20170827203316j:image

ただしTwilight Forceの完成度が高すぎたのか、単に音響トラブルなのか…。ヴォーカルの歌声があまり聞こえない、せっかくだからちゃんと聴きたいのに!と耳栓を外す私。

 

f:id:MAR1NA:20170827203429j:image

ドイツ国内ではメタルコアといえば先に述べたHeaven Shall Burn、そしてCALIBANの名が一番に挙げられるほど有名だろう。そんなドイツ国内で今、中堅シーンを引っ張っている3大バンドと呼ばれているその一角を担うのが彼らEmil Bullsだ。

(ちなみにあと2つはAnnisokay、ANY GIVEN DAYだと言われている)

 f:id:MAR1NA:20170827203352j:image

長年このシーンに君臨しているベテランならでは、とでも言うべきか。楽器隊の安定感、曲の基盤がしっかりしている。そして何度も映像では目にしてきたVo.のクリストフの全身で絞り出すように歌い上げるステージング。Annisokayにあるような繊細なか弱さや美しさ…とは対角に位置するような、それでいてANY GIVEN DAYのアスリートモッシュが始まりそうなゴリゴリの力技感…ではなく、自然と一緒に身体が跳ねてしまうようなメタルコア

 

2曲終わったしここで撮影を切り上げてメインエリアまで走ろうかな…そう思っていると、まさかの3曲目にやってきたのは個人的に大好きな1曲"The Way of the Warrior"が。前奏の時点で思わずガッツポーズし拳を振り上げる私。意地でもこの曲だけは聴いて行く、そう心に決めカメラを構え直した。

 f:id:MAR1NA:20170827203547j:image

We are strong (invincible)
We are lions (unbreakable)
We were born to be fighters (unterrified)
We rise, we rise

サビのこの部分はもう大合唱である。歌詞を見たら一発でわかると思うが、漢気がハンパない。これがEmil Bullsの魅力なのだ。

 f:id:MAR1NA:20170827203525j:image

大満足で拍手をしながら撮影のPITから出る。まだ観たい…と後ろ髪を引かれつつも、遅刻してはこのWacken Open Air 2017にやってきた事自体が水の泡になりかねないので走る。

 

 

 

HARDER STAGE

 

f:id:MAR1NA:20170827203709j:image

Heaven Shall Burn

悲願達成。その一言がまず頭をよぎる。

そもそも、2012年に来日した彼らのショーでMCが一切わからずに「悔しい!せめてなんて言ってるかだけでも理解したい!」と思わなければ、今の私は居なかった。彼らのJAPAN TOURを観ていなかったら…Wacken Open Airには行かなかっただろうし、そもそも海外バンドの撮影やインタビューなんてやれなかっただろう。まさに私の原点的な存在、重鎮Heaven Shall Burn。彼らをWacken Open Airのメインステージで撮る!それは私が何度も口にしてきた目標だった。

 f:id:MAR1NA:20170827204024j:image

Wacken Open Airのメインステージ特有の、次のアクトを示すスロットが展開。そしてスモークが焚かれ、ゆっくりと最新作Wandererの1曲目であるThe Loss Of Furyが流れてくる。Vo.Marcusの第一声と共にステージの幕が落ち、Heaven Shall Burnが姿を現した。鳥肌が一気に立ち、目の前が涙で滲んでくる。夢にまで見た、Wacken Open Airのステージ上にいる彼ら。5年前は新宿のACBホールで観た、しかしこの地元ドイツで観る彼らは遠く、そしてその偉大さが痛いほど伝わってきた。

 

踏み台と望遠レンズを持っていなかったことを、この時ほど後悔したことはない(苦笑) 炎が噴き出すセットがステージの最前にある為、メンバーが少し奥の位置で演奏しているのだ。もちろん、ドラムは背の低い私からは全く見えなかった。

 f:id:MAR1NA:20170827204101j:image

しかし、その杞憂を吹き飛ばすほどの轟音、そして破壊力。

Whitechapelを初めて来日公演で撮った時と同じ感情がせりあがってきた。私のカメラのレンズに憧れのHeaven Shall Burnが映っている!信じられない!震える手で何度もシャッターを切っていた。

 f:id:MAR1NA:20170827204321j:image

イントロとなる曲に続き、そこからBring the Way Homeがスタート。この人達のギターの音はなんて鋭くて気持ちがいいんだろう。思わずファインダー越しに見とれてしまう場面が何度もあった。

 f:id:MAR1NA:20170827204256j:image

今度こそ、MCがわかるぞ!と思いきや、ここはドイツ。見事にMCがドイツ語で一切わからなかった(笑) 数年後、ドイツ語を勉強して再びHeaven Shall Burnを撮りにWackenへと向かう自分が容易に想像できてしまった。

 

2曲目は刻むギターの音色からのスタートに心拍数が上げていかれそうな、Land Of The Upright Ones。既に後ろを振り返ると巨大なサークルピットが出現していた。そこからのオールドなファン大歓喜のVoice of the Voiceless。

 f:id:MAR1NA:20170827204214j:image

あっという間に3曲が終わり、まだ震えていた手と余韻を楽しみながら…我慢が出来ずオーディエンスの中へ。

 

あぁ、夢が叶ってしまった。Heaven Shall Burnは偉大だった、私なんかじゃまだまだ手の届かない雲の上の人達だ…でも本当に今年Wackenに来てよかった。ニヤニヤしながらオーディエンスの中をステージにに向かって横切り、何度も転びかける私。

 

メロイックサインは挙げたが、さすがに12kg以上もある機材を背負ったままなので色々と必死に抑えていた。しかしここで7曲目にアルバムInvictusよりCombatが演奏されてしまう。カメラバッグを隣のおじさんに渡すか放り投げてモッシュに突っ込んで行きそうなほど自制心がそろそろ危うくなってきていたので(前日夜には我慢できずArchitectsで真ん中まで行きサークルモッシュに巻き込まれた挙句、頭にクラウドサーフしてきた人の長靴が二回ほど直撃して色んな意味で顔面が大惨事だった)、ショーの中盤だが安全な反対側のステージの後方まで離脱。

 f:id:MAR1NA:20170827205855p:image

朝から何も食べていなかった事を思い出し、屋台でタイカレーを買って食べながら観る事にした。いくらHeaven Shall Burn狂いの私でも、カレー持ってる時はさすがに走って飛び込みはしないだろう。…この選択は大正解だった、その後The Omenがプレイされ(Invictusリリース後の来日公演が2012年だったため、当時演奏された曲は私にとって思い出の曲ばかりなのだ)、その後のCounterwaightで『PAブース囲って周れや!』のHeaven Shall Burnお決まりの最高に狂ってる体育会系サークルピットが発生。しかも3つも。完全に頭悪い(褒め言葉) あの近くにいなくてよかった、絶対後先一切考えずに走ってたわ…。

f:id:MAR1NA:20170827205923p:image

そして最強WoDソングEndzeitをすかさずプレイ。ピアノの音のような前奏が流れ出した時点で近くでゆったり座ったり寝転がったりして見ていた人達が、急に立ち上がって雄叫びを上げだした…どうやら私の近辺に居た人達はほぼ同類だったらしい。PAブース周りのサークルは全く止まる気配すらないのに、そのすぐ前ではWoDが発生しているという、遠くから見てもカオスな状況。残っていたタイカレーを飲むように食べ終え、カップをゴミ箱に捨てて周りのファンと共に拳を挙げ叫ぶ私、もういい、バカになろう。ちなみに、恐らくあの場で私だけが唯一ノンアルコールだった。

 f:id:MAR1NA:20170827204422j:image

そしてアンコール1曲目はGodiva。徐々に盛り上がる前奏からブチかますMarcusの力強い声とエモさのあるギターがたまらない、2013年リリースのアルバムVetoのスタートソングだ。次の撮影も近い、とりあえずステージサイドに行く為に移動しつつテンション上がって近くのHeaven Shall Burnのマーチ着てる奴らとハイタッチしたり肩を組んでいた。

そしてラストはEdge of Sanityのカヴァーソングながら、原曲を百割増しに破壊的にしたような名曲Black Tears。叫ぶファン、私も叫ぶ。そのまま両手を挙げた状態でステージ袖で撮影の待機をしていたGiruちゃんに再会。気持ち悪い満面の笑みとハイテンションのままで声をかけてしまった。

 

大運動会と化していたHeaven Shall Burnの後は同じくドイツのPowerwolfの撮影だったのだが、それは次の後篇にて。

 

 

 

 

 

番外編

Heaven Shall BurnのMEET & GREET

今回のブログの最後に、Powerwolf後にメインステージ横のMEET & GREETステージで行われていたHeaven Shall Burnのミーグリについて少し…。

 

ひと目でいいからメンバーに逢いたくて並んだ。後にも先にも、今回のWackenで私がただのファンを満喫したのはこのHeaven Shall Burnだけである。

目の前にいた男女二人組には、Heaven Shall Burnを観に遥々日本から来た事を驚かれ、後ろにいたおじさんは『いや、実は全く普段聴かないバンドなんだけどさ、ドラムが俺の息子の学校の先生なんだよ』と息子へのサプライズの為だけに並んでいた。

f:id:MAR1NA:20170827205009j:image

隣のにいちゃんと、息子がドラムのCristianの生徒だというおっちゃんと。

 

いよいよミーグリがスタートし、数段ある階段を上がるとそこにはさっきまであの巨大なステージで演奏していたHeaven Shall Burnのメンバーが。ド緊張しながらゆっくりと列の流れに沿って階段を上がる。テントの中には長机が置かれ、そこにメンバーが横並びに座り、1人1人サインを書いてファンと少し会話ができるというものだった。

一番先頭にいたのはVo.のMarcus。思いっきりシーシェパードのTシャツを着ている彼だったが、勇気をだして話しかけてみた。

『私、日本からっつ貴方達を見に来たんですぅうっっっっ』

……噛んだ。後ろのおじさん大爆笑してる。

Marcus『日本!本当に!?ありがとう、実はまた行きたいと凄く考えていてね、話もしてるんだけど…』

Marcusが私の目を見て話してる…!!!半泣きになる私、もうダメだ声が震えて自分が何言ってるかわからない、完全にMarcusが困っている。すると今度は隣にいたGt.のAlexanderが『ふぁあああああ尊敬してますうぁあああ』←みたいなことを私がずっと口走っていたからか、身を乗り出して人懐っこそうなあの笑顔で挨拶をしてくれた。

Alexander『日本!?日本から来たの!ボクの一番好きな国だよ!』

…泣いた。今度は本当に泣いてた。だって彼らはシーシェパードサポーターで全員ヴィーガンのバンドなのだ。お世辞だったのかもかもしれないけど、まさか『日本が一番好きな国だよ!』って即答であんなに嬉しそうに言ってくれるなんて思ってなかった。

手が震えている私に『大丈夫!?(笑)落ち着いて落ち着いて(笑) 絶対日本にはまた行くから待っててよ!あっキミ、ストレートエッジなの!』とその手を握りながら話してくれるAlexanderの優しさに、完全に挙動不審になる私(恥)

その後ろに控えていたEric、Maik、Christianの顔は完全にドン引きしていた…。

結果、そのミーグリでは写真も撮って良かったのだけど、私にとって彼らは偉大な存在過ぎて…。一緒に写真を撮ってくださいなんてとてもじゃないけど言えなかった。目を見て話をしてもらえただけで本当に心から幸せだった。

終わって帰国した今でも、あぁ写真撮ればよかったなぁなんて全く思いもしない。もっといろんな面で成長して、いつかインタビュアーやライターとしてきちんとしたお話ができたらいいな…そう思っている。

 f:id:MAR1NA:20170827205144j:image

近頃はどれだけ大物のバンドが相手であろうと、実は密かに大ファンだったり尊敬しているアーティストであろうと、仕事として関わる部分が多ければドライな部分は結構ドライにいく私である。久しぶりに、(Warped TourのAfter The Burialでは思いっきりファンとして話しかけたけど)純粋に凄く好きで憧れている人達にファンとして接することが出来て楽しかったし、嬉しかった。一枚のサイン入りポートレートが宝物のように感じた。たまにはこういう気持ちも忘れないようにしたい。