Wacken Open Air 2017 本戦1日目

8月3日 -W.O.A 本戦初日-

 

初日の3日は一番初めのSKYLINEのショーが15時から。

だから12時くらいまで爆睡しよう!と言っていたものの、朝7時には周りのテントから大音量のメタルが、バーベキューの音が、笑い声が……おいおい皆元気すぎかよ。

結構な大人数で来ている人も多く、10人くらいのおじさんの集団が朝飯を囲みながらFire From The GodsやHatebreedを流している空間が個人的に最高だった。話しかけには行けなかったけど(笑)

 

あと隣のテントが男女6人組だったんだけど、1人のお兄さんがA Night In Texasとか着てたし、毎日シャトルバスで見かけたお兄さんもThy Art Is Murderのマーチを必ず身に着けていて、こんなメタルの聖地のような場所でもデスコアキッズに会えたことが嬉しかった。余談だが、ヨーロッパで絶大な人気を誇るオージーメタルコアParkway Driveのマーチは勿論、デカいパッチをデニムジャケットに貼りつけた完全なるParkway Drive戦士が何人も居た事にも結構アガった。同行していたGiruちゃんも「本当だ~、Parkway Drive結構見るね」と驚いていた様子。

 f:id:MAR1NA:20170812200650j:image

準備をして昼前にはインフィールドへ。

VIP/PRESSエリアにあるサンドウィッチ屋で朝食。せっかくヨーロッパに来たんだし、とここで私はヴィーガン仕様のサンドウィッチを注文。ヴィーガンチーズって美味しくないよとヴィーガンじゃない知り合いに言われたことがあるんだけど、せっかくだしと思い入れてもらう。それからバーカンにあったスパークリングティー(干しぶどう味)も一緒に…。

 f:id:MAR1NA:20170812201907j:image

f:id:MAR1NA:20170812201931j:image

……う、うまい!!普通に何にも意識せず食べられる。チーズも全く違和感なし。これで€4.5だしサイズもヨーロッパサイズだからとても得した気分になる。

余談だけど、私には若干牛肉のアレルギー的なものがあるので、Wacken期間中は最終日のお昼に食べたタイカレーの鶏肉以外は肉類を一切食べなかった。でも普通に過ごせたし、むしろ睡眠時間がクソ短かっただけで逆に身体がスッキリしていたくらい(元来のアガリ性で、毎日お腹が凄く痛かったけど苦笑)。アメリカのフェスよりもこっちの方が私には合っているのかもしれない。

 

 

ここでGiruちゃんのKamelot JAPAN TOUR Tシャツに反応した、オーストラリアのプロモーターさんに声を掛けられる。アンダーグラウンドシーンの話や自身のイベントやウェブサイトについて色々と教えて貰う事ができた。

Aversions Crownも今ちょうどドイツツアー中ですよね!私すごく見たいんですよ~っていうちょっとマニアックな会話もした。おちつけ私、ここはWackenだ。オーストラリアのデスコアシーンを掘り下げようとするのはまた今度にしろ。

 f:id:MAR1NA:20170812202158j:image

マイクさん、とてもフレンドリーでナイスな人でした。またどこかで!

 

まず小手調べに行ったテントステージエリアでは、Metal Battleの本戦がこの日も行われていた。Verge Of Umbraというバンドがちょうど次のステージだったので撮影。Giruちゃん、初のショー撮影である。

f:id:MAR1NA:20170812200834j:image

f:id:MAR1NA:20170812201433j:image

ミクスチャーコアに近い感じ?名前は聞いた事があるけど、実際に曲を聴いたのは初めて。予想以上にステージとの間に幅があって、持ってきた単焦点レンズ3つがほぼ役に立たない事が判明、ガッデム。Warped Tourの要領で行けばいいと思っていたら、サイズも規模も全てがケタ違い。勉強になりました…。

 

そしていよいよメインステージのエリアへ!

この素晴らしいフェスティバルの原点ともなったSKYLINEを見よう!と歩き出すも…ここでまさかの大雨。慌てて持参していたカッパを上からかぶり、ステージ横の風を防げる場所に避難。

セキュリティのおじさんに『ようこそ!これがWackenさ!』と爽やかに言われる。土砂降りだけど。

『こんなのはね、まだまだレベル1だよ…(その瞬間物凄い風と雨にグレードアップ)あ、これレベル2ね。でも大丈夫、雷雨と暴風雨がレベル3だから!』

朗らかに言われたけれどこっちは全く笑えない。Warped Tourがレベル0.7とかに感じるほどの大雨。屋根のあるところに避難する人達と、それでも最前列に陣取ったまま根性で動かない人達、すげぇ…。

これ、最終日のAmon AmarthでTwilight Of Thunder Godとか召喚された日にゃ終わりなんじゃねーの?と1人震えた。カメラカバーは用意したものの、Warped Tourの時みたいにどっかのセンサーがヤラれたら本当におしまいである。

 

なんとかSKYLINEが始まる頃には雨も止んだ。

そしていざメインステージへ!!…なんだと、メインステージは撮影の権利が別途必要だって!?そんな話はどこ探しても書いていなかったので焦る…が、とりあえずSKYLINEは撮らせてもらえた。リアクションがナイスだったセキュリティのおっちゃん、ありがとう。

f:id:MAR1NA:20170812200941j:image

綺麗な声とピュアな音、SKYLINEはもともとカヴァーソングバンドなので、ゲストも何人かいて、聴いた事のあるオールドなメタルソングを堪能。とにかくVo.の目が澄んだブルーで綺麗だった。ちょっと知り合いのロビン(Sonic Syndicate)ってギタリストに背格好が似ていたのでニマニマしてしまう。

f:id:MAR1NA:20170812201022j:image

f:id:MAR1NA:20170812201142j:image

f:id:MAR1NA:20170812201235j:image

いいなぁ、地元の人達とこうやってフェスティバルを作り上げて、30年近く一緒にバンドして歳とっていくわけでしょう?かっこいいな、そういう生き方。世界的に売れて売れて大物になるっていうのも一つの成功だと思うけど、こうやって人生に添うように音楽をやっていける姿って素敵だと思う。

 f:id:MAR1NA:20170812201208j:image

SKYLINEですっかりメタルハートになった私達はルンルンで一旦メインエリアからPRESSテントへ…。と思いきや、先ほどの豪雨で足元が滅茶苦茶ぬかるんでいて全く足取りが軽くならない(物理的に)。

f:id:MAR1NA:20170812201329j:image

粘土みたいになってる地面に、なんじゃこりゃーと思いながら歩く。長靴はいといてよかった…。それは次の日に更に痛感することになるけど。

 

 f:id:MAR1NA:20170812202317j:image

アジアン屋台で昼食を済ませ、メインエリアの音を聴いていると、この日私が着ていたロンTのロゴと同じTシャツをきた長髪のお兄さんが後ろから1人歩いてきた。

『わぁ!Analepsyだよね!!?』

Vo.のDiogoとまさかのここで初対面。ごめん、手に焼きそばのカップ持ったままだったわ、なんかゴメンこんな初対面で。自分達のマーチ着てるアジア人に逢うとは思わなかったらしく、驚きつつも喜んでくれた。Wacken前にインタビューをしたDr.のTiagoがこの日誕生日だった事もあって、とっても会いたかったんだけどこの時は別行動していたらしく結果会えず。

その後彼女?と一緒にいたGt.は見かけたけど、Tiagoには結局会えなかった。Diogo、公式のムービーとかで見るより何割増しって感じで爽やかなお兄さんだった(ブルデスバンドです)

渋滞で見れなかったから絶対に今度こそはショーも見たいし写真撮らせてね、と約束してお別れ。

 

f:id:MAR1NA:20170812202754j:image

その後、モンスターエナジーのブースで赤いマカのフレーバー飲みながらEUROPEのステージを堪能。歳とってもかっこいい!(第二弾)

ここで一時間ちょい、彼らのステージを全曲聴いて最高な気分に。

f:id:MAR1NA:20170812202510j:image

生のファイナルカウントダウンでテンションが滅茶苦茶アガる元ボクサー(単純)。必修入場曲でしょうあれは。やっぱりファンにとってもアンセム的な曲なのか、あの前奏が流れた瞬間の歓声と手の上がりようが凄い。

 

 

EUROPEを堪能し、明日撮影のステージを視察。

f:id:MAR1NA:20170812202925j:image

 

それから夜のVOLBEAT観るかNAPALM DEATH撮りに行くかで散々悩みながらPRESSエリアで休憩。ACCEPTは名前はよく聞くし、好きそうだと言われることもあったのだが、如何せんファンが怖いイメージがあったのでゆっくり座って大人しくモニターで観ようという事に。

 f:id:MAR1NA:20170812203250j:image

……カッコよすぎる!!(泣)

歳とっても…というかなんだこのかっこよさ!ゲキ渋!(この日3回目)

 

なんだこれ、2人して大興奮である。勿論曲は最高だし、全てがカッコいいんだけど上手にいるスキンヘッドの背の高いギターがありえんカッコよさとスマイルを醸し出してた。何あの人、あんな素敵なお父さんがほしい!完全に2人の意見が合致。写真の現像も忘れて画面にくぎ付け、Gtが映る度に大喜び。

そのまま1時間半ほどが経過し、オーケストラのステージも遠目に見て私はNAPALM DEATHを撮りにメインエリアとは逆のテントステージへ。Giruちゃんとは一旦別行動。

 

 

今思えば"ぬかるんで脚は重くなるけど撮れるものを撮っとこう"、のこの精神が良かったと思う。

テントステージエリアに着くと…。

 

f:id:MAR1NA:20170812201720j:image

えっ……ナニコレ、ガチ宗教?

後から調べるとコンセプトが宗教チックなだけで本物の悪魔崇拝バンドではないらしい、ポーランドのBatushkaというブラックメタルバンドのステージに遭遇。

ただもう世界観が凄い、何言ってるかも一切わからない(日本の方がインタビューされている記事を、この記事を書く前日に見つけたのだがアレはスラブ語だったらしい)、おふざけ要素など一切なく、何ならステージの上にいる人物は全員仮面かベールのようなものを身に着けていて表情すら一切わからない。目に映るものが衝撃的すぎて正直軽く引いていた。

ただ、ただ物凄く曲がカッコいい。発狂気味に盛り上がっている最前列付近のファンがいた事も相まって、ガチの宗教かと更に思ってしまったけど、普通に滅茶苦茶カッコいい。微動だにしないのに速いギターや、後ろにいる聖歌隊?の低く響く声がまた耳に残る。ゾッとするほどカッコいい、というステージを久しぶりに見た。

 

Batushkaの恐ろしい余韻を引きずりつつ、NAPALM DEATHのステージへ。

f:id:MAR1NA:20170812201651j:image

歳とったなぁ皆…と思いつつも、Vo.大暴れ、健在です。でも鉄アレイって何ですか(笑) なかなかレンズの中に納まらないVo.の動きを追いかけつつ、何とか撮影。

 f:id:MAR1NA:20170812203354j:image

 f:id:MAR1NA:20170812203537j:image

 

次のメイヘムも結構ロゴを見かけるバンドだし気になったけど、とにかくVOLBEATが聴きたかったので早々にテントステージエリアを離脱。後からWackenオフィシャルの動画見たけど、メイヘムもちょっと観てみればよかった。

下がもう泥んこでぐっちょぐちょだから何してもわからないと思ったのか、酔っ払いの男性陣が普通に地面に用を足していてガチギレしそうになる私。注意書きがそこらにあるくらいなので、毎年あるんだろうね。いやぁ、頼むからそれだけは大人の常識として辞めてもらいたい。しかも目の前だったので思わず日本語で「は!?何しよん本当に意味わからんっちゃけど!」と口をついて出てしまった。そこらへんの感性だけは日本人で良かったと思った瞬間。

 

泥が沼みたいになって歩くだけで体力を奪われる。お腹もすいてヘトヘト…と、何か食べながらエリア外でVOLBEATを聴く事に。

Wackenで売っているケバブが大きくて気になっていたところ、ちょうどステージも見える場所にヴィーガンケバブを出している屋台があることを思い出しそこへ。

 f:id:MAR1NA:20170812211317j:image

肉もソイミートを使いつつ、生野菜たっぷりでボリュームも凄い。ちょっと玉ねぎが辛かった。

自分の顔半分くらいあるケバブを食べていると、ふと視線を感じて斜め前を見る。お揃いのウインドブレーカーを着た欧米系の男女が不思議そうな顔をしてこっちを見ていた。首を傾げると視線を逸らされたので、まぁいいやアジア人珍しいんだろうと思ってVOLBEATを聴く。やっぱりVo.の声が良い、夜空に突き抜ける爽快な歌声。飯は旨い、音楽は最高、なんて幸せな時間だろう。1人なのに楽しくてニヤニヤしてしまう。

 

何気なく先ほどの2人組の背中が目に入る。スターバックスのロゴを更にアニメチックにしたような…女の人綺麗だけど顔厳ついなぁ…隣に描いてあるクジラはゴンドウクジラかなぁ……ん?

あーーーーーー。(納得)

ウィンドブレーカーのフード部分に隠れている文字はシーシェパードのものでした。日本人に見える奴がヴィーガンのフード食べているのが珍しかったのでしょうか…。ちょっとお互いを気にしつつも、隣同士でご飯を食べ、素晴らしい音楽を聴いてる。音楽は何の変わりもなくて素晴らしくて、なんだか不思議な空間でした。

 

 

このWackenに来て思った事。

Warped Tourの時はどちらかというとLGBTに関する発信をする人が多かったけれど、Wackenには当たり前のようにシーシェパードのパーカーやTシャツ、ジャケットを着ている人が沢山いた。もちろん、今年はVo.のサムが団体の親善大使を務めているArchitectsもいるし、私の大好きなHeaven Shall Burnだってシーシェパードサポーターバンドだ。日本人の私からしたら嫌がらせや漁船に体当たりしてくる人達の印象が強いけれど、この人達の思想って根本はどういうものなんだろう。あれだけポジティヴなステージを披露するParkway Driveもそうだし、海を愛する人達もそこには含まれているのかもしれない。

以前にヴィーガンに対する文章を書いたり、ArchitectsやHeaven Shall Burnが大好きだと言っているのでそっちの人なのかと問われることがある。でも別に私は何かの思想に従ったり囚われるつもりもなくて、純粋に私の好きなバンドたちが支持している考えとはどういうものなのか知ってみたくなっただけなのだ。私は日本人だし、クジラを食べた事だってある。別にヴィーガンでもない、シーシェパードの人達に嫌がらせを受けた日本の漁船を見たらとても悲しくなる。ハッキリ言って思想の違いで喧嘩することが、それを見るのが大嫌いなだけ。別に誰がどんな宗教を信じていたって、ライフスタイルを選んでいたって良いと思う。私はただ単に彼らの音楽がとても好きで、だけど彼らに心酔して考えまで傾倒するつもりはない。自分の目で見て、自分で考えるから。

国というか地域というか、それによって掲げているものや訴えかけるものの比率もまた違うんだろうなと思った。

 

だけど、そんな多種多様な人がいて、足元も天気も不安定な中、私が見る限りでは誰も喧嘩なんてしていなかったし皆が純粋に音楽を、メタルを楽しんでいた。

それって本当に素晴らしくて尊い空間だと思う。

モッシュピットのマナー?モッシュのやり方が違う?バンド毎のルール?

そんなの誰も気にしてなかった。隣にいる人達と、ただ純粋にひたすら楽しんでいた。

規模もそうだけど、皆の心も豊かに大きくしていく場所なんだな~とそう感じました。

 

VOLBEATを最後まで聴いていたため、帰りのシャトルバスの停留所に一気に人が殺到しおしくらまんじゅう…もといモッシュピットと化していたので、小さい私は疲労と10kg以上ある重い荷物もあり、圧迫されて息が詰まって倒れかけていた。バックを持ってくれた後ろのお兄さんありがとう。

 

そんな感じでWacken本戦初日、またもやテントに帰り着くと速攻で爆睡した私でした。

 

 

ーー続くーー