DAGOBA JAPAN TOUR

ブログ内容の無断転載は禁止しております。転載希望の場合はご一報下さい。また、引用の際も引用元としてブログのURL掲載を希望します。よろしくお願い致します。

 

f:id:MAR1NA:20170529193515j:image

5月18日ー21日の4日間、フランスのメタルバンドDAGOBAの初の来日ツアーがJAPAN Booking Team"RNR TOURS"の招聘によって行われました。有難いことに、私ISAMIMHZもそこに参加させていただける事に。来日前にはVo.のShawterへのインタビューを行ったり、事前にメンバーと何度か連絡を取っていたものの実際に会うのは初めて。WackenやHELLFESTでは何万人規模の観衆の中、圧倒的なパフォーマンスを見せる大物バンドでもある彼ら。とても緊張しながら日本に無事到着した彼らに挨拶をしたのを覚えている。

 

DAGOBAの結成や楽曲についての話は、Shaw(Shawter)へのインタビューで語ってもらっているので是非読んでみてほしい。

mar1na.hatenablog.com

 

ステージの外でもShawはなかなかパワフルな人物で、夜の街を何度も走って彼かはぐれたメンバーを探し回る事もあった(笑)今となっては良い思い出である。

そんな私の頭を撫で(彼らは私の歳を実年齢よりだいぶ下だと勘違いしていた…)、『明日は任せろ。ブチかましてやるからしっかり見とけ』と目をギラギラさせながら言うShawはとても頼もしかった。

 

f:id:MAR1NA:20170529193925j:image

f:id:MAR1NA:20170529193638j:image

そして迎えた初日公演の前には、メンバーに道案内を頼まれ一緒に大手ギターメーカーESPへ見学にも行かせてもらうという、彼らと一緒でなければ一生経験することができないような素晴らしい経験もさせてもらいました。

担当してくださった鈴木様、改めてここに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

f:id:MAR1NA:20170529193959j:image

むかえた初日公演の初台WALLは海外4バンドと日本のSailing Before The Windという、まさに豪華フェス!と言っても過言ではないメンツ。

 

リハーサル前には大雨が降ったけれど、DAGOBAのメンバーが住む地域は雨が少ないらしく、その大雨さえ車内で楽しんでいた姿が印象的だった。会場に着くとNightshadeのメンバーにも会え再会を喜びつつ、4ヶ国のバンドが準備を始めたフロアは一気に騒がしくなった(笑)

 

 

f:id:MAR1NA:20170529194518j:image

 そしていよいよ始まったDAGOBAのショー。何度も映像で見てきたSEが流れ、最初にDr.のBastosがステージへ現れる。続いてGt.のJLが手を挙げながらステージへ。Ba.のWertherはスターウォーズ(日本語)のTシャツで登場。

 f:id:MAR1NA:20170529194112j:image

確か2016年のWackenのステージでもこのTシャツを着ていた気がするが、本当にナイスなチョイスである(笑)そしてShawが登場し大歓声とメロイックサインの中、ダイナミックなイントロから"Eclipsed"が始まる…。こんなにDAGOBAを待っていた人が日本にいたんだ……一瞬周りの景色や音が遠く聴こえるような気がしたほど、その光景を見て感慨に浸っていた。そしてフランスでトップを走り続けるその実力は間違いないもので、音源で聴くよりもさらに迫力のある、完成度の高い音色の塊がぶつかってきた。

 f:id:MAR1NA:20170529194045j:image

一瞬で意識を現実の初台WALLに引きずり戻されたような、目の覚めるような瞬間だった。"The Man You're Not"をプレイした後、"Black Smokers"からの”When Winter…"は個人的にも涙モノの展開で、いつもライブ動画でShawが言う聞き慣れたセリフと同時に一番に手を挙げてしまい、隣にいたフランスの人達に爆笑された。

f:id:MAR1NA:20170529194544j:image

実は初日公演では自分自身が感激し楽しみ過ぎてしまい、気がついたら終演…。そんなに写真が撮れていなかった。帰り道メンバーにそう話すと『楽しんでくれたことが何よりだよ!』と笑われた。フロアにいたフランスの人達にも、その日いた友人やお客さんにも『超笑顔だったね(笑)』と言われる程度には、顔が緩みっぱなしだったらしい。

 

f:id:MAR1NA:20170529194253j:image

2日目の公演ではアンコールも起きた。カメラを向けるとメンバーが気づいて笑顔を見せてくれるようになった。

f:id:MAR1NA:20170529194309j:image

そんな小さな変化が、ショーの写真を撮ったりバンドに帯同している時にとても嬉しい瞬間でもある。

 

 f:id:MAR1NA:20170529195349j:image

日本の会場で、彼らはどの日も全力でオーディエンスにぶつかっていった。『例え100人200人の前だろうと、5万人の前だろうと何も変わらないよ』そう語ってくれたように、ほんの少しの演出、MC、ちょっとした仕草1つに至るまで、その風格とプロ意識をしっかりと見せつけてくれた。

f:id:MAR1NA:20170529195447j:image

Shawのそのカリスマ性とシャウト/クリーンを見事に歌い分ける歌の巧さは勿論だが、Werther、JL、Bastosの各々もESP/Schecter/YAMAHAの公式エンドースを受けている実力者であり、ステージのどこを見渡しても皆のプレイには惚れ惚れした。

 

-DAGOBA JAPAN TOUR DAY1-2 Set lists- 

Eclipsed

The Man You're Not

Black Smokers

When Winter

The Sunset Curse

I, Reptile

The Things Within

 

f:id:MAR1NA:20170529194903j:image

3日間プレイされた楽曲に合わせ、最終日の大塚ではBorn Twice等の曲もプレイ。The Things Withinでの大合唱、マイクを通して何度も響くメンバーの「アリガトウ」という声、目に焼き付けたいほどのとても素敵な景色だった。

f:id:MAR1NA:20170529195517j:image

アンコールの後皆の写真を撮ると、Shawに腕を掴まれ『おい、もう1曲演るからな』と唐突に言われた。ステージ上では既にJLがギターの機材を片付け始めていたものの、彼の言うとおり止まらないワンモア!の声にダブルアンコールが。最後に聴く"The Great Wonder"、曲の入りから彼らの創り上げる世界観がまた素晴らしい。こんなにカッコいい曲だとは……本当に、最後の最後まで魅せてくれる人達である。

 

 

どの日も、多くの人の心をDAGOBAは鷲掴みにしていた。終演後、CDを嬉しそうに買っていく人達に「どのアルバムがオススメですか?」「どの曲をやってましたか?」と聞かれるのが私自身も本当に楽しかった。

沢山の人の笑顔に囲まれ、サインや写真に応じていたメンバーは心から日本のファンとの触れ合いを楽しんでいたように思う。

 

『俺達にとって、"アメリカンドリーム"と同じくらいの大きな意味を持つ、叶えたかった夢がこのジャパンツアーなんだ。ロシアでも、他のアジア諸国でも、オーストラリアでもない、日本という国に来たかったんだ。本当にありがとう』

 

そう彼らはしっかりとした口調で、とても嬉しそうに話してくれた。

きっとこの夏、これまで以上に大規模なリリースをしてDAGOBAは音楽シーンに一波立てるのだろう。またこの国に彼らが帰ってくる日には、どんなことになっているのだろうか。本当に次が待ち遠しくなる初来日公演だった。

 

 f:id:MAR1NA:20170529195800j:image

 

 

 

 RNR TOURSのワキタさん、クルーの皆さん、いつも素敵な公演をありがとうございます。関わらせていただき本当に嬉しかったです。

ちょうど一年前に、この人達のやっている事や考え方は本当に凄く素敵だ!私も是非お手伝いさせて頂けないだろうか…と勇気を出してメールを送ってよかったなと今でも心から思っています。RNR TOURSを知らなければ、私はきっと日本のライブハウスにはもう行っていなかっただろうと思います。こんな私ですが、僅かでもお役に立てていれば嬉しいです。

 

 f:id:MAR1NA:20170529194751j:image

f:id:MAR1NA:20170529194814j:image

そしてNightshadeの皆、少ししか話す時間が無かったけど沢山笑わせてくれてありがとう。なんだか皆には、またすぐ会えそうな気がする(笑)

f:id:MAR1NA:20170529194722j:image

バスティンは相変わらず最高に強烈でした(笑)

Luv you all guys! Let's get together again, absolutely!!;p

 

 

 

最後に、DAGOBAの皆。関わらせていただけて光栄でした。きっと至らないところも沢山あっただろうけど、皆の優しさや思いやり、笑顔にとっても救われました。最高に楽しい時間をありがとう。

夏に発売の新譜BLACK NOVAを楽しみにしてます。そしてまた会える日も。

これから先も、皆の更なる躍進と活躍をこの日本から応援しています。

 

 f:id:MAR1NA:20170529195638j:image

Thanks again for coming to JAPAN. It was an great honor working with you all.

I am Sincerely greatful that I could meet DAGOBA.

Hope we cross paths again, I'm always rooting for you;)

 

 

All Photo/Text by Marina Isami