読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fit For An Autopsyが最新作"The Great Collapse"をリリース

★Fit For An Autopsy★ ★MUSIC★ ☆NEWS★

f:id:MAR1NA:20170318191942j:image

ニュージャージー出身のデスコアバンド

Fit For An Autopsy

がアルバムThe Great Collapseを3月17日にリリース!

 

現地時間で17日となり、バンドは自身のYoutubeチャンネルで全曲ストリーミングを開始。

 

先行で公開された"Head Will Hang"や"Iron Moon"からも、今作の取り扱うテーマが時代に沿った重苦しいものになっていると感じられる作品。相変わらずの完成度の高さには思わず感嘆のため息が出そうになります。

 

更に、先日公開されたMV"Black Mammoth"ではノースダコタ州のパイプライン問題について言及。

私自身、この問題について初めて知ることが多く、とても勉強になりました。

原住民の誇りと自然を守る運動や、生々しい抗議デモの映像が収録されています。

 

ふと、故郷九州の諫早湾の事を思い出しました。祖父の地元であった諫早、小さい頃は年に何度も遊びに行った地ですが、あの海や干潟の環境は干拓によって今では随分と変わってしまったように思います。豊かな暮らしと、そこに昔から住む者達の共存、そのすれ違いが争いになってしまう事も誰かが涙を流すことも、人と同じ言葉を話せない小さな生き物が命を落としていく事も…とても悲しい事です。

 

このMV公開後に新たに設立されたプレオーダーでは、その売り上げをこのノースダコタパイプライン基金へ送るとバンドのマネージメントも務めるギタリスト/プロデューサーのWill Putneyが発言。改めて、このバンドに大きな尊敬の念を抱きました。発言や表現だけでなく、こうやって行動を起こした彼ら。Fit For An Autopsyの曲には憎悪や戦争、毒を連想させる様々な表現や、環境破壊から人類に返ってくる災厄等について書かれているものが多いように感じますが、彼らの優しく愛に溢れた人間性が大好きです。世界にはまだまだ見えない暗い部分が沢山あるけれど、音楽でそれを多くの人に伝え、時には救う事もできるって素晴らしい事だと思う。

 

『もし妻やガールフレンドを殺したり、パートナーに暴力をふるったり、子供を殴りつけたり虐待するのなら、そいつはマジでクズだ。そんなのはあってはいけない話』

オリジナルメンバーであるギターのPatrickは先日、アメリカでのドメスティックバイオレンスの記事に対し自身の意見をこう述べています。とても厳つい見た目の彼ですが、子供と奥さんの事を心から愛している家族思いのお父さんでもあります。

 

f:id:MAR1NA:20170318191958j:image

彼らの創成期から様々な面で私の中では憧れの一つでもあったバンド、Fit For An Autopsy。今回、アメリカで彼らの撮影をさせていただける事になりました。本当に本当に、光栄です。

貴方達の取材がしたいんだ!という私のラブコールに対し、喜んで受け入れてくれたWill、そしてPatrick、本当にありがとうございます。精一杯頑張ります。

 

アルバムはiTunesでも取扱いスタート。

是非聴いてみてください。

The Great Collapse

The Great Collapse

  • Fit for An Autopsy
  • メタル
  • ¥1500