読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年、今年リリースされた中でオススメのアルバム

★MUSIC★ ☆雑記☆

いつもISAMIMHZのウェブログを読んでくださる皆様、本当にありがとうございます。さてさて、今年も残り2週間となりました。皆様の2016年、いかがだったでしょうか?

 

沢山の音楽に触れ、夢のKNOTFESTにも日米両方行き、沢山の仲間に出会え充実した1年をおくることができました。

 

ここで、海外のライブフォトグラファーや音楽好きの皆が最近『私の選ぶ今年のアルバムTOP10』的なモノをやっていたので、私もやろうかと思ったのですが…。

選びきれない←

いや、Heaven Shall Burnの最新作は至高でした。KoRnだってIn Flamesの新譜だってWhitechapelの新作だって待ってた、でも順位がつけられない。

批評ができません、レビューも基本書けません。感想は感嘆詞が中心で、ガッツ石松さん&内藤大助さんのカオス実況ばりです。なんでライターとか言ってるんでしょうか私…。

 

そこで今回は"私なりに"、今年関わってきたバンドを中心に年内リリース作品のオススメを載せていきたいと思います。誰もが知っていたり多数のレビューがネットに掲載されているものは省きます。

《A→Z》順なので気軽に眺めていってくださいませ。日本国内ではCDがなかなか買えないバンドも中にはいるので、iTunesリンクも貼っておきます。

 

記載《バンド名/アルバムタイトル》

 

・Adept/Sleepless

スウェーデンのAdeptの最新リリースで、キレのあるリズムが印象的な今作。相変わらずクリーンとシャウトのバランスも好みです。こうやってMV観ると皆大人になりましたよね。アジアツアーで日本にも行きたかったとメンバーが話してくれました。

Sleepless

Sleepless

  • Adept
  • ロック
  • ¥1650

 

・The Amity Affiction/This Could Be Heartbreak

 

ロードランナー所属の彼らも大御所の一角に既に入ってきているので迷いましたが、今作もとても美しい作品だったので。また今回のツアーにドラムがメンタルの治療で帯同できないとのことで、彼らへの応援の意味も込め書きました。

心を痛めた全ての人へ、メンタルの問題は1人で抱え込まないでくれ、とバンドメンバーが発言しています。

This Could Be Heartbreak

This Could Be Heartbreak

  • The Amity Affliction
  • メタル
  • ¥1600

 

 

 

・Annisokay/Devil May Care

 待ちに待った、ドイツのAnnisokayの新譜。彼らの大ヒット曲"Sky"に一撃でヤラれてしまって以来ずっと聴いていますが、今年遂に彼らのショーを観る事が出来ました。プロモーションの仕方を見る限り、クリーンを担当するクリストフが完全に仕切ってるのかなと想像していたのですが、現地でのフロントマン デイヴの人気はかなりのモノ。そして音源は勿論ですが、そのショーのクオリティ、人気の凄さを肌で感じてくる事が出来ました。是非いつか、この日本にも来てほしい。

Devil May Care

Devil May Care

  • Annisokay
  • メタル
  • ¥1500

 

・ANY GIVEN DAY/Everlasting

友人達に即答で『うん、お前絶対好きだと思ってた』と言われます。ドイツのANY GIVEN DAY。バンドの公式アカウントに筋トレ動画がアップされているようなバンドです、100%プロテイン← Triviumのキイチ氏がFeatした曲では、そのサビの気合のこもった掛け声でベンチプレスを挙げる幻覚が見えるかもしれません。

しかし驚くのはVo.デニスのクリーンの深みのある美しさ。サウンドのクオリティはもちろんのこと、かなり完成度の高いバンドです。

Everlasting

Everlasting

  • Any Given Day
  • メタル
  • ¥1650

 

ARCHITECTS/All Our Gods Have Abandoned Us

 こちらも、今年のメモリアル的作品の一つとして。

この作品のリリースから数ヶ月後に、ギターのトムはガンにより帰らぬ人となってしまいました。作品のタイトル、そしてMVにもなっているGone With The Wind(風と共に去りぬ の意)の歌詞には、刺さるような痛みの込められた叫びが綴られているように感じます。

 

・BAD OMENS/BAD OMENS

 

今年の下半期、物凄い勢いで頭角を現し始めたバンドの1つ、と言っても過言ではないでしょう。華のあるボーカリストNoahを中心に、才能あるメンバーの集まった新鋭バンド。ISAMIMHZでも特に推しているバンドの1つでもある彼ら、何と言っても人間的に最高な人達なんですよね。ちなみに、偶に聞かれるのですが私はBMTHをほぼ一切と言っていいほど聴かないので、BAD OMENSはBAD OMENS、彼らは唯一無二だとずっと思ってます。驚くほどダークなその歌詞の世界観にもぜひ触れてみてください。

Bad Omens

Bad Omens

  • Bad Omens
  • メタル
  • ¥1600

 

 ・Crown The Empire/Retrograde

 

 2016年秋、ファン待望の初来日を果たした彼ら。アルバム発表前には全てのSNSがシャットアウトする等、不安な空気もあったけれど発売してみれば今回もまたセンスの光った最高な作品。メンバーチェンジや初期のようなレトロチックな音が減る等、多くの変化もあった中で彼らの人気を一層確立させていく作品になったと思います。

Retrograde

Retrograde

  • Crown the Empire
  • ロック
  • ¥1600

 

・Famous Last Words/THE INCUBUS

 安定感のある実力派Famous Last Words。音楽性が活動中に変化するバンドも多々あれど、彼らのこの安心するようなシアトリカル/ゴシック/そんな様々な要素が混じり合った曲はどれもブレのない一級品。どの曲から聞いてもツボにハマる、今作もファンにとってはたまらないアルバムです。

The Incubus

The Incubus

  • Famous Last Words
  • メタル
  • ¥1200

 

・SONIC SYNDICATE/Confessions

彼らの1stから大好きで聴いていたSonic Syndicateの最新作。レーベルも変わり、もはや別バンド…と言われるくらいメンバーも音楽性も変化した今作。私は好きです。私生活で悲しい事や辛い事の多かった2016年、いつも励ましてくれる彼らの言葉がありました。様々な困難から今まさに返り咲いた彼ら、聴いていたら優しい気持ちになれます。ちなみに私が面と向かって"I Love You"なんて言うバンド、彼らとSlipKnoTくらいしかいません(笑)

Confessions

Confessions

  • Sonic Syndicate
  • ハードロック
  • ¥1650

 

 

 

・Upon A Burning Body/Straight from theBarrio

 待望の、テキサスの悪童デスコアUpon A Burning Bodyの最新作です。メンバーチェンジも激しい彼らですが、確実にその地位を確立していってます。個々の技術もかなりレベルが高く、そのショーは飲み込まれそうな迫力のある一級品です。

今作はインタビューでGt.のルーベンが語ってくれた通り、ラテンのリズムやスペイン語での語り、これまでの彼らの作品にノリの良さをプラスしてきたような作風。

Straight from the Barrio

Straight from the Barrio

  • Upon a Burning Body
  • メタル
  • ¥1600

 

 

・Versus Me/CHANGES

ウィスコンシン州出身の新星バンド、Versus Me。Alesanaのパトリック、そして元SeriannaのMilbrandt兄弟がスタートさせました。Drはすぐに脱退してしまったようですが、もう一人のGt.クリントも合わせ全員が超フレンドリーなイイ奴。いや、ここかなり重要です。フロントマンのジェームスとしかほとんど連絡を交わしてなかったにも関わらす、先日のソルトレイクでは皆が笑顔で迎えてくれました。

…話がそれましたが、サウンドはメタルチックなガツンとくるものばかり。ジェームスのスクリームはどこからその声を出してるのか聞きたいくらいの凄味があります。

 

Changes

Changes

  • Versus Me
  • メタル
  • ¥1500

 

 

・Walking Dead On Broadway/SLAVES

ドイツでやばいデスコアバンドを見つけてしまった…!それが彼らのショーを観た一番最初の感想です。とにかくヤバい。Vo.のRobertは元ANIMAだという事を帰国後知りましたが、そのステージング、統一感、曲のクオリティ、迫力、全てが最高でした。レーベル移籍後の初アルバム、そして初ツアーを控える彼ら。日本やアジアのマーケットにも興味津々なので、是非もっとその活動を世界へと拡げていってほしい。そしてこんな人殺しそうな音楽やってますが、彼らも滅茶苦茶いい奴らなナイスガイズ。

 まだ日本のiTunesには彼らの新譜が反映されていないようです…。

 

・Westfield Massacre/Westfield Massacre

これが1stアルバム?これが前座?そう思うほどのクオリティを本国のKNOTFESTでブチかましていたバンド、それがこのWestfield Massacreです。伸びのある巧いクリーン、そしてゴリゴリのシャウトをVo.トミー1人で行っていますが、まさに私の大好きなハワード期のKillswich Engageを更にメタル寄りにした感じ。個々のキャリアは長いのですが、結成してから約2年、そして現在2ndアルバムを制作中です。個人的にここのDr.のディオはポストJoeyと言っても過言ではない、と思っています。現在アルバム制作のためのKickstarterも展開中です。

 

Westfield Massacre

Westfield Massacre

  • Westfield Massacre
  • メタル
  • ¥1500

 

……如何だったでしょうか?

このブログを通して誰かが「このバンド好き!」という音楽に出会えて頂けたら嬉しいなぁと、常日頃思いながら色々と書いております。

 

他にもシングルを合わせればもちろんUKのOur Hollow, Our HomeWorms woodは今年度最高ソングに既に確定しそうなカッコよさでしたし、同じくUKのEmpires Fadeもかなり素晴らしい。

年明けには1月にImminenceSMASH INTO PIECESのフルアルバムがリリース予定ですし、愛するMotionless In WhiteOHOHも…ALL THAT REMAINSも来年リリースが決まっています。他にも様々なバンドの次回作やレコーディングの話を聞いているとワクワクするモノばかりです。

もっと沢山の人達に出会い、コミュニケーションをとりながら、私という一人の人間では活動も限られた小さなものですが。少しでも多くのバンドからの言葉を、日本のファンの人へと届けられるように頑張っていきたいです。