BAD OMENS show report 10YEARS IN THE BLACK TOUR DAY ① Seattle

2016年10月25日、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル ShowBox SoDo。この日の公演より約一ヶ月をかけ、全米をまわるSumerian Recordsの10周年ツアーがスタートした。直前にヘッドライナーであるAsking Alexandriaの衝撃のボーカル交代劇等が話題となり、初日公演は世界中からのこの界隈のファンからの注目が集まるものとなった。

f:id:MAR1NA:20161031010934j:image

しかしながら、今回私のメインの取材対象はこのツアーのオープニングアクトを務めるSumerianの新星、結成からわずか2年という彼ら"BAD OMENS"(バッドオーメンズ)。インタビューワークを開始してから数ヶ月経ったある日、ふと「彼らは今何をしているんだろう…」と思いつき、スウェーデンのHer Bright Skiesでベースを弾いていたBAD OMENSのギタリストJoakim(ヨアキム(ジョリー))に連絡を取ったのがきっかけである。なんとこのバンドを結成し2016年の8月に1stフルアルバムをリリースするとのこと、そこまで本腰を入れ始めていることを知らなかった私は若干戸惑いつつも、実際にYoutubeで公開されていた彼らの曲を聴き歌詞を読むとその完成度と世界観に驚かされた。結果、そこから彼らへの取材申し込みやインタビューという縁ができることとなったのである。

 

開場前の入り時間、会場に着いたと聞き一足先に彼らと顔を合わせた。

『やっと会えたー!』

事前に少しだが連絡を取り合っていたGt.のNicholas(ニコラス(ニック)と、ジョリーが笑顔とハグで迎えてくれ、そしてBa.のVincent(ヴィンセント)も暖かく迎えてくれた。21歳の華あるヴォーカリスト、Noah(ノア)の注目度がやはり高く彼の露出が群を抜いて多い彼らだが、こうして実際に会って見てみると全員の顔が整いすぎていて驚いた…というのが正直なところだ。残念ながらDr.のNick(ニック)とはこの日結局直接話すことができなかったのだが、終演後にわざわざ撮影の件でコンタクトを取ってくれたりと、見た目が先行されがちな彼らだがそれ以上に、バンド全体通してとても丁寧で人の良い子達だなという印象を受けた。

 

 f:id:MAR1NA:20161031012355j:image

開場は17時半、事前に受付でPRESSのパスを受け取り会場内に入る。やはり若い世代に人気のバンドが多いからだろうか、早い子は5時間も前から会場の前で待っており、16時半の時点で100人を超えるファンの子達が入り口前に並んでいた。シアトルのミュージックシーンは他の州と比べて人口が少ないと事前に聞いており、実際この日のソールドアウトは無かったようだが、ヘッドライナーのバンドを中心に熱狂的なファンが多く集まったようである。

 f:id:MAR1NA:20161031011052j:image

 

プレスパスを見せ最前列の柵内へ。聞くと、この日の公演は全てのバンドが前半の3曲のみ撮影可能だという事。ショーの開始予定時間である18時半は少し過ぎていたが、OAということもあり彼らのサウンドチェックをそのまま観る事が出来たのは良い経験だった。

 

f:id:MAR1NA:20161031011224j:image

フロアの照明が落ち、歓声が上がる。ゆっくりと各メンバーがステージに現れ、はじまったのは静かに呼吸するような機械音とブレイクダウンのようなうねりのあるギターからスタートする"FERAL"。ニックはバンド内で一番小柄なドラマーながらも、かなりパワフルなドラミングを見せる。

f:id:MAR1NA:20161031011316j:image

そして歌い始めに合わせゆっくりとステージ中央に現れたVo.のノアにフロアからは黄色い声が。正直まさかこの曲を1曲目に持ってくるとは思わなかった、ゆったりしたメロディをバックに語るように歌われる曲調をスロースタート気味に感じながらも、少しずつ盛り上がりを見せサビでは彼特有のハスキーな歌声が伸びる。少しフロアを煽った後に全員のコーラスから始まったのは"EXIT WOUNDS"。

f:id:MAR1NA:20161031011625j:image

これがフルメンバー揃って初のライブとは思えないほどのしっかりとした纏まりがあり、序盤の煽りで『跳べ!跳べ!』とノアが叫ぶとフロア前方のファンが一斉に大きくリズムに合わせ飛び跳ねた。何度もフロアに向け手を伸ばし、観客を煽るノアの姿を見て、やはり彼はとても華のあるボーカリストだと感じた。

f:id:MAR1NA:20161031011458j:image

しかしここで1つ問題が。彼らの曲を事前から聴いていた私はあと1曲かとカメラを調整したのだが、他のカメラマンやスタッフに『決まりは3曲だから出ろ』『3曲終わったよ』と促され外に出なければならなかった。2曲しかやってないよ?と大きな音の中訴えてはみたものの、通じずに柵外へ。

 f:id:MAR1NA:20161031011539j:image

 3曲目は彼らの中で最大のYoutube再生数を誇る"THE WORST IN ME"、囁くように歌うノアを全員が息を潜めたように見つめたかと思えば、サビ前で彼がマイクを観客へ向けると大合唱が起きた。コーラスをジョリーとヴィンセントが担当し、ニックが主にシャウトのバックアップボーカルを行う回数が多いようである。

 f:id:MAR1NA:20161031012003j:image

曲終わりのMC、ノアはこのツアーに参加できたことへの感謝とシアトルのファンへまず感謝の言葉を。そして各出演バンドの名前をコールするという素晴らしいアピールをしてくれた。恐らくこの日の共演者全てをMCで讃えていたのは彼らだけである。そこから一気に疾走感のある曲"REPRISE"へ。事前のFacebookでのQ&A配信でほぼ全員が『ライブでやるのが一番好きor楽しい曲』と答えていた曲だ。フロアではサークルピットが巻き起こっていた。

f:id:MAR1NA:20161031012038j:image

パフォーマンスもそのバンド名が表すような無機質でクールな印象を持ちがちな彼らだが、この日はヴィンセントがにこやかにフロアに微笑みかける姿もとても心に残った。ラストは壮大なオーケストラ要素のある前奏とコーラスから一気に怒涛のシャウトとギターの展開へと流れ始まる彼らの代表曲"GLASS HOUSES"。

f:id:MAR1NA:20161031012431j:image

サビのコーラスでは会場内のファンがメンバーに合わせ大合唱する。全公演の日程の中では狭い部類に入るそうだが、それでもこの日のShowBoxは千人程が入る会場である。その空間の中に繊細かつダイナミックな音が響き渡り、全く見劣りしない世界観を今回彼らは見せつけてくれた。曲がラストを迎えると共に大きな拍手とメンバーの名を呼ぶファンの歓声が上がる。手を振ったり頭を下げたりとそれぞれがファンへの感謝の意を表しながらステージを後にし、あっという間に感じた5曲でこの日のショーは幕を閉じた。

f:id:MAR1NA:20161031012147j:image 

 

 

セキュリティや他カメラマンとの曲数の話も書きましたが、次のUpon A Burning Bodyからカメラマンの数が倍近く増えた事もあり、まだまだ彼らの知名度は他に出演していたレーベルメイトのバンドに比べると低いのかもしれない。確かに、この公演に参加するにあたり、何度も他バンドに対する問い合わせ等が私まで寄せられていたのも事実。しかしその度に私は発言をしていたように、今回の公演に参加できたことも彼らのおかげであり、私が観に来た個人的なメインはこのBAD OMENSでした。メンバー全員がマーチブースに顔を出し、公演中も終演後もファンとの交流や物販を自ら行う姿を見ている中でもっともっと彼らを応援していきたいな、いつかこのメインクラスでステージを広々と動き回る彼らの姿を見たいなと、心からそう思いました。これまで海外のバンドと関わってきた中でも、間違いなく彼らが一番注目度は高かったはずです。しかし、それに一切奢っているようなそぶりもなく、何度も何度も私に対して感謝の言葉や気遣いを見せてくれたメンバーには本当に頭が上がりません。バンドとしても勿論ですが、人間として最高な人達に出会うことができました。このような素晴らしい機会、そして経験を与えてくれたBAD OMENSの皆、そして彼らのマネージャー様、本当にありがとうございました。また会える日を楽しみにしています。

f:id:MAR1NA:20161031012626j:image

 

-Oct 25 Setlist-

FERAL

EXIT WOUNDS

THE WORST IN ME

REPRISE

GLASS HOUSES

 

BAD OMENSオフィシャルサイトは下記より

Bad Omens | Official Website