読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thanx!! ILLIDIANCE Japan Tour

少し時間が開きましたが、5月18日の立川バベル、5月21日の新宿西口音楽館で行われたロシアのサイバーメタルバンドILLIDIANCEのJapan Tourを観に行ってきました。
 

f:id:MAR1NA:20160530164043j:image

2005年にロシアにて結成、数々のEP/Albumをリリースし本国ではIn FlamesLimp Bizkit等のバンドのツアーをサポート。
バンドは2014年にGO WITH ME RECORDSより《Damage & Deform》を日本リリース、今回5月に都内での公演を中心としたJapan Tourを行いました。
 
初日の立川公演は平日という日程やスタートが押したこともあり、会場内の人入りもまばら。しかし終始笑顔でファンへ向け語りかけ、最高のパフォーマンスを見せてくれました。
公演のセットリストは日本リリースしたアルバムからの曲がほとんど。
 
Deformityでスタートし、三曲目にはMVのインパクトが強い人気曲"Boiling Point"を演奏。
 
 その後は綺麗な伸びのあるサビが印象的な一曲、Urbanizedもプレイ。
実際に公演を見て感じたのですが、音源とほぼ差の無いライブの再現性に驚きました。スクリームとクリーンを同じフロントマンが歌い分けるバンドですが、このクリーンがまた上手い。ベースのジェイソンのコーラスの音程もしっかりしていて曲により深みが出ていました。
 
 
ラストはバンドメンバー含む会場の全員でフロアにしゃがみ、一斉に飛び跳ねる一幕も見せたNew Millenium Crushersを演奏。
 
とてもクールで大柄な印象のあったILLIDIANCEですが、実際に話してみるととても気さくで親切な人達でした。 
私も来日前にVo.のトミーと何度かやり取りをしていたのですが、『やっと会えたねー!』とこぼれそうな笑顔でハグしてくれた彼のフレンドリーな対応に、一気に緊張を解いてもらったような気がします。
『いつもはクラウドサーフやピットも起こったりするんだ、そんな光景を見てもらいたかったけれど…でも仕方ないよね、今日来てくれて見てくれたキミもそうだし、お客さん皆に本当に感謝しかないよ』
日本はどう?暑い??という私の問いには
『ロシアも真夏はこれくらい暑くなる日もあるんだよ!まぁ8月とかの話なんだけどね(笑)大丈夫だよ!今日から始まるこのツアーが俺達全員楽しみでしょうがないんだ』
ロシア出身の彼らに果たして英語が通じるのか…?というドキドキもありましたが(ちなみに私の実際の英語力はかなり低く、ヒアリングができる程度です)、トミーの流暢でとても綺麗な英語と彼の会話の端々にみえる気遣いや優しさに終始「日本に来てくれて本当にありがとう」と思わずにはいられませんでした。
 
 
そして21日夜、新宿西口音楽館でのスタジオライブ。
f:id:MAR1NA:20160530164052j:image
この日はチケットフリーで、入場料の代わりに受付の募金箱に募金をしてから入場するというスタイル。
ライブも50分というロングセットが用意されていました。
彼らの事が大好きなファンと、距離もかなり近く目線の高さも同じという状況で、とてもアツいライブとなったのではないでしょうか。
f:id:MAR1NA:20160530164115j:image
 
f:id:MAR1NA:20160530164127j:image
 
f:id:MAR1NA:20160530164135j:image
50分とは思えないほど、あっという間のライブ。私は彼らに会えるのがこの日で最後だったので、ラストの曲が開始された瞬間とても寂しい気持ちになっていました。
 
 f:id:MAR1NA:20160530174918j:image
終演後、ファンとの写真撮影やサイン等の交流も。ライブ直後にも関わらず、メンバーは皆とてもフレンドリーにファンと触れ合っていました。
 
私もこの日は友人達と行ったので記念に写真を撮ってもらいました。
するとここでもトミーが
『聞いてくれよ!この4日間全部のショーに来てくれた日本人がいるんだ、驚きと嬉しさで最高の気分だよ。マリナも今日2回目来てくれたよね、本当にありがとう』
今日で最後になっちゃうから寂しいよ〜等の雑談をして彼らとはお別れ。バイバイ!元気でねー!との私の言葉に投げキッスで返してきたトミーはただのイケメンハンサムでした(笑)
ギターのDmitryもとてもユーモアのある人で、最後握手で別れるまで笑わせてくれていました。
 
ロシアはトランジットで経由するだけでもビザの取得が必要な国。ヨーロッパやアメリカに行った経験からですが、日本人という国籍は世界の中でも比較的他の国への入国が楽な民族だと思います。そんな日本人であっても苦労したという話をたまに聞くので、今回の彼らの来日に関してもきっと関係者各位の皆様の相当な尽力があっての実現だったと思います。
 
こんな素晴らしいバンドを、初めて知ることができた人も各公演でいたと思います。彼らのショーを見ることができた事に改めてここに感謝を。
 
 
来日公演にて熊本へのチャリティを行ってくれたILLIDIANCEですが、実は彼らのサイトを訪問したところ新作アルバムの制作過程での資金寄付を募っているのを見つけました。

Illidiance upcoming album - "The Iconoclast" - your possible support is welcome!

Paypalでの送金によるクラウドファウンディングのような形式のようです。

 

感謝の気持ちを込めて、私も微々たるものですが近日中に彼らに何かできたらなと思いました。もしこのブログを見てくださった人で興味があるファンの方は是非。

 

Thanks so much for coming to Japan ILLIDIANCE!! Let's definitely meet again someday:)