SOILWORKのJAPAN TOURに行ってきました。

2016年2月22日、渋谷。

大好きなスウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド

SOILWORK(ソイルワーク)

の来日公演を観に行ってきました!

 f:id:MAR1NA:20160307103647j:image

バンドの紹介については以下のWikiをどうぞ。

私が書くよりもわかりやすいかと・・・。

ソイルワーク - Wikipedia

 

ついこの間の1月にスウェーデンへ行ってきた私ですが、出発するにあたり(場所もメロデスの聖地ヨーテボリだったので)Swedish Metal Bandをおさらいしようと調べたんですよね。

 

・・・SOILWORKってスウェーデン出身だったの!?←

はい、本当にすみません。

勝手にアメリカのマサチューセッツとかその辺りだろうと思い込んでました。

(Killswich EngageとかALL THAT REMAINSとかいますよね…Vo.が体格の良いボウズ頭ですね。すいません)

疾走感のある曲編成、デスヴォイスからは想像もつかないとてつもなく綺麗で太く伸びのあるサビのクリーンが逸脱!とにかくこのバンド、私好みの音楽なんです。

 

えぇーっ!それならどうせスウェーデン行くならSOILWORK見たいじゃんか!

→そう思ったらなんと1ヶ月後に来日することが決まってました(笑)

 

ありがたい事に単独、しかもド平日公演という事で即チケットを購入。

 

バイトや用事を済ませてから会場に着くと、ちょうどGYZEがラスト3曲というところ。

申し訳ない事に私はこのバンドを一切知らなかったんですが、モッシュピットもガッツリできていて盛り上がってた。

 

次はいよいよSOILWORKだー!

遅くなったから諦めていたんですが、案外人が後ろで固まって見ている…という感じだったので前に行きました。まさかの二列目。

 

ツアースタッフさんがタトゥーびっしりだったり、いかにも自分もバンドしてますぜ!って感じでカッコイイ。何言ってるかわからないマイクチェック1つとってもカッコイイ。

 

 ライブの1曲目に演奏されたのは、最新アルバムからこの

The Ride Majestic

 直前の海外公演のセトリをチェックしていたら、とっても私好みの選曲だったので楽しみにしていたんですが、ヤッタァァア‼︎って正直思った。イントロの時点でガチ上がりしました。

 f:id:MAR1NA:20160416160519j:image

サビに入って感動。

ビョーンの生の歌声を聴くのはこれが初めてなんですが、もうね、歌うますぎる涙

あとのMCでも言っていたんですが、ラウドパークを間に挟んで8年ぶりの単独来日。

毎年なんですが土日開催のラウドパークには行けなくて、SOILWORK来日するのにって当時涙目になっていたんです。

そしてバンドは23th…ちょっとびっくり。まぁでもそりゃそうですよね、中学生だった私がアラサーになるわけだ…。

 

そこからバンドはオーストラリア公演と同じ様な選曲でライブを進めていきます。

Nerve

Bastard Chainでのギターソロ。

Gt2人の入れ替わりながらのソロパートがまた好きな感じでした。

f:id:MAR1NA:20160416160706j:image

ディヴィッドおかえりなさい!ビョーンと少し容姿的に被るけど(笑)私この下手Gtのディヴィッド好きなんですよね。

本当にお茶目!あんな身体デカイのに、スキンヘッドで厳ついのに(笑)

f:id:MAR1NA:20160416160739j:image

f:id:MAR1NA:20160416160834j:imagef:id:MAR1NA:20160416161041j:image

ギターを頭に乗せたまま弾いたり、マシンガンのように観客へ向けたかと思えば膝に乗せて琴のように弾いたり。

f:id:MAR1NA:20160416161110j:image

f:id:MAR1NA:20160416161258j:image

あと弦楽器隊の仲良さげなパフォーマンスも最高でした。お互いの肩に頭を乗せたり膝に楽器を乗せて弾いたり、終始ニッコニコ。

あとダブルスキンヘッドが中央で一緒に頭抱えられたりしながらニコニコ演奏していたのはほっこりした。

オッサン萌えというのはこのことか←

 

ライブはそのまま、新旧の曲を良い感じに織り交ぜたセトリで進んでいきます。

The Crestfallen

Death In General

Alight In The Aftermath

そして!!ココで来たよ!!!

 

Tongue

ザ ヘイテーーーーッド!!!!

もう大合唱したよね。最高すぎる。

f:id:MAR1NA:20160416161416j:image

初期からの音楽性の変化については色々言われているけど、私は個人的にビョーンのこのクリーンが大好きだし、確かにシンガロングして会場の一体感が増すと楽しい。そしてそれを間違いなく引っ張っていけるくらいの歌唱力も演奏技術もこのバンドにはあるんですよね。

だから私はこの変化についてはむしろ大賛成なんだな…

 

そこからMCを挟んでの

Follow The Hollow

うまい事聴き取れなかったんだけど、日本で今まで演奏した事なかったのかな??

 

そして新譜から

Petrichor By Sulphur

で『ゥオォ♪』をやった後に

This Momentary Bliss

待ってましたァァァァァア!!!!!!

もう大好きなんですよこの曲!!近年の発表曲の中では特に好きな曲の1つで。私1人イントロのギターの時点で嬉しすぎて奇声を上げてしまったんですが、周りと少しだけ温度差感じてしまった(笑)

冒頭のスクリームから切り替えて歌い上げるクリーンが鳥肌。やっぱりビョーンはとにかく歌うまい。

 

この時点で正直かなり大満足していたら、そこから怒涛の神セトリ!

独特な機械音のようなイントロからスタートする

The Chainheart Machine

 

そしてそしてそこからきましたよ 

Stabbing The Drama

生で聴ける日がくるなんて!!

 

そしてココで一旦メンバーが引き、アンコールが。

Let This River Flow

しっとりした出だしで始まったアンコールは全部で5曲、盛り沢山な内容でした。


Late For The Kill, Early For The Slaughter

Rejection Role

新譜からWhirl Of Painを演奏した後は


ラスト一曲はこれ

Spectrum Of Eternity


あれま!新譜からEnemies In Fidelity持ってくるかと思っていたんですがコッチでしたか!

イントロを皆で合唱してからのスタート。


全17曲。大満足なライブでした。

正直、次の日の名古屋公演に行きたいと思ったくらい。



気づいた事と言えば、さすが欧州バンド、

ステージドリンクがアルコールだ!!笑

もちろんお水を飲んでいたメンバーもいたんですが、下手、特に下手の2人!笑

サッポロビールスーパードライ、そこからのまさかのコロナ。栓抜きがちゃんと用意されてる辺り恒例なのか。

f:id:MAR1NA:20160416161450j:image

新ベースは容姿が似ていて一瞬メンバーチェンジがわかりませんでした笑


あとビョーンのMC

モウ イッキョク ヤッテモイイデスカ?

がとても可愛かった事をここに記しておきます。

f:id:MAR1NA:20160416161547j:image

音響的な事とか色々な意見とかも目にしたのですが、私はそんな専門的なところはよくわからない上にSOILWORK大好きフィルターが掛かっていたので終始ただただ最高だったとしか言えません(笑


過密スケジュールで直前まで行くのを辞めようか迷っていたのですが、本当に行ってよかった。

f:id:MAR1NA:20160416161513j:image

SOILWORKありがとう!

本当に本当に素晴らしくて楽しいライブでした。

また是非日本にも来てください。