読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SlipKnoT EU TOUR 2016 スウェーデン編 ①準備



2016年1発目ぇえ!!

SlipKnoT始めじゃぁああ!!!

 

…ということで、行ってきました北欧スウェーデン。相変わらずの弾丸旅行、参戦決断まで30分、出発直前夜までバイト…の完全に頭足りてない感満載のスケジュール。

 

なんで急に行こうと決意したか、

f:id:MAR1NA:20160125221503j:image

#0 シド・ウィルソンのお誕生日当日公演だったから

 これが全てです。

 

大好きな大好きなシド!一度でいいから彼のお誕生日に会場中のMaggots達と一緒にハッピーバースディを大合唱してお祝いしたい!

活動休止とか言っているじゃないか、ウソか本当かわからないけどそれならいつ行くのさ!?

→→今でしょう!←

 

ほぼノリとテンションとシドへの愛だけでチケットとホテル、そして往復の飛行機を予約しましたがそれら全て終えてから気づきました…。

・・・1月の現地は氷点下です←

生まれも育ちも九州の私、気づいた時には引き笑いしかできませんでした。まあ、SlipKnoTがあればなんだってイケるでしょう!それを胸に師走に年越し、年始の忙しい時期を乗り越えました。実は出発前日は私の誕生日だったんですけど、それすら気づいたら過ぎてました(笑)

 

さて、前置きが長くなりましたが旅行としてはあまり馴染みのないスウェーデン、実際行ってみてどうだったか/準備には何があった方が良いのか等を書いてみようと思います。

 

今回私が訪れたのは公演会場スカンディナヴィウム(巨大なアイスホッケー場、世界スケートや数々のコンサート会場としても使用されている。)のあるGoteborg:ヨーテボリ

f:id:MAR1NA:20160124173413g:image

フリー地図素材使用 引用元サイト

 スウェーデン白地図 - 旅行のとも、ZenTech

ちなみに私の中ではスウェーデンの印象って圧倒的にSABATONとAmon Amarthなんですが、SABATONはフォーレン、Amon Amarthはストックホルム出身だそうです。

このヨーテボリIn Flames/Dark Tranquillityの出身地として有名な、聞く人ぞ聞くメロデスの聖地なんだとか。ちなみにAMARANTHEの出身地もココ。

 

幸いなことに、直行便は無いもののドイツ経由で乗り換え一回、まあまあな値段の安全そうな航空会社を見つけたのでそちらのチケットを購入しました。

シェンゲン協定

北欧4ヶ国含むヨーロッパ諸国では、このシェンゲン協定加盟国であればどこか1ヶ国のみの入国審査を通過すればあとは行き来が自由です。ビザも日本国籍保持者であれば30日以内の滞在には必要ありません。アメリカに行く時のEstaのような手続きもありません。

・通貨

f:id:MAR1NA:20160125221346j:image

スウェーデンの通貨はクローナ(SEK)。大体1クローナあたり現在は16円前後です。日本の銀行や空港で両替できます。

また、消費税がものすごく高い国(19%もしくは25%)なのでショッピングを楽しみたい方は免税手続き等もチェックしておきましょう。

多くのお店でクレジットカードが使えます。レジ横のカードリーダーに差し込み自分でPINコードを打ち込んで会計をします。自分の手元で確認しながらできるので比較的安心だし面倒なお金の計算も要りません。

また今回の旅では1度も遭遇しなかったのですが、スウェーデンではトイレは有料制の場所が多く、その際に自販機のような支払い方がメインの為、5SEK硬貨を常備しておくと便利。

・交通

f:id:MAR1NA:20160125222243j:image

スウェーデンではバスやトラム(路面電車)が多くの場所で走っています。タクシーは割高や非公認の物も多く走っているので注意が必要です。もしタクシーを利用する場合は滞在先や空港で呼び出してもらいましょう。

バスターミナルやセブンイレブン(スウェーデンセブンイレブンが多い)で、バスとトラムの1日/3日乗り放題乗車券が買えるので是非。

・天候

f:id:MAR1NA:20160125222328j:image

悪い事ァ言いません、1〜2月はなるべく避けた方がベターかも。まさかの-20度、そしてアチコチのレジャー施設も半数ほどが営業時期外や整備中。

私も直前にAmon Amarthのインスタでヨハンの服装を見なければ、寒波なんて知らなかったしスノーブーツもヒートテックも購入していなかったと思います。(メタルとヴァイキングの導きに感謝!)この時期にスノーブーツは必須です。気温が低いので雪がベチャベチャに溶けている事はありませんでしたが、積雪で歩けないしとにかく寒い。手袋、ニット帽ももちろん持って行きましょう。現地の人はスニーカーや薄手の人も居たけどあくまで彼らは現地北欧の民、属性が違うと思って防寒しましょう。

f:id:MAR1NA:20160125223017j:image f:id:MAR1NA:20160125223044j:image

あとカイロ!カイロは飛行機内持ち込み可なので、使い勝手のわかる日本のモノを持って行くと便利。ネックウォーマーorマフラーももちろん。携帯電話や雪遊びも良いですが、長い事素肌を出しとくと寒さで変になりそうなのでひたすら防寒に徹した方が良いです。

f:id:MAR1NA:20160125223742j:image

後は他の海外旅行と同じ。機内持ち込みや荷物検査の規定を守って準備すればOKです。

使い慣れた常備薬等も用意。長時間の飛行機内は足も辛いので、着圧のムクミとりソックスを私は気に入って使ってます♪ アイマスクや枕もあると良いですね。オシャレは気にせず、楽に眠れるスウェット姿で私は出国してます。

・その他、持ち物

バンT/ライブ会場内に持ち込むミニショルダー/iPhoneの強化ケース(海外は会場内撮影可のライブも多いため)/簡単なスウェーデンの言葉を書いたメモ帳/日本で出力しておいた地図や住所一覧

スタまる

そして…シドへのプレゼント。

f:id:MAR1NA:20160125224316j:image

Maggots魂も忘れずに…。


パスポートと航空券、

……そしてライブチケットも必須です。

これらを詰め込み、キャリーバック1つと大きめリュック1つに収め準備完了!


忘れ物無いか再度チェックして、飛行機の受付時間に間に合うように自宅を出ましょう。


それでは、次回は出発編です♪