読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ghost In The Mirror


今年9月に単独渡米参戦してきた、テキサス州ヒューストンでの

f:id:MAR1NA:20151205231120j:image

Summer's Last Stand Tour

のレポートミニ本作ってます

年明けのコミティア115参加予定です。

 

詳しい事はレポの中に書く予定ですので、今日はコチラのブログでこのツアー参戦の決め手となったもう一つのバンド、

Motionless In White

について書きたいと思います。

 

完全に個人的な意見ですが、私はこのMotionless In White(略してMIWと以後記載)が世界で不動の2番目に大好きです。SlipKnoTの次にダントツで好きなバンドです。こんなにこのシーンでドツボな、個性派真っ黒バンドがいたでしょうか。大好きです。

 

バンドはアメリカのペンシルヴァニア州で2005年、当時ハイスクールに通っていたメンバーで結成。ゴシック要素のあるインダストリアルメタル/スクリーモバンド。その後何度かのメンバーチェンジがありながらもEP2作とFearless Recordsから3枚のアルバムをリリース。2012年秋には初来日もしている(もちろん行きました←)

2015年はVANSワープドツアーのメインステージへ、更にAlternative Press主催のAPMAs(AP Music Awards)のアーティスト賞にもノミネートされた。

 f:id:MAR1NA:20151205231354j:image

(Summer's Last Stand Tour Houston公演でのMIW)

 

現在のメンバーは

・Vo.Chris "Motionless" Cerulli /クリス・モーションレス

たぶん190cm近くある、奇抜な見た目が印象的なMIWのフロントマン。結成当初は彼だけがゴシックなメイクをしていた。大のマリリンマンソンのファンであることは彼のインタビューや恰好からも窺える。 また、無類のハロウィン/ティムバートン好きでもあり彼の手のタトゥーにはハロウィンの日付を表す《10.31》やMy Life is Halloweenという言葉のタトゥー、全身にもナイトメアビフォアクリスマスのキャラクターやジャックオーランタンのタトゥーが彫られている。

……余談だが私の片側だけ刈り上げた現在の髪型は、完全に初期の彼のヘアスタイル意識である。

 

・Key.Joshua Balz /ジョシュア・バルズ

初期メンバーの一人。当初は長い髪の毛の童顔エモボーイ的な印象が強かったがアルバムInfamasの辺りから急変。急にモヒカンになりキミそんなにでっかいピアスしてたっけ、と思いきや今や丸坊主(頭中にタトゥーがある)。昔と比べるとクールチェンジした印象もあるが、インタビューでは身体を張って笑わせにきたりする部分も健在。長年付き合っている彼女(滅茶苦茶素敵なタトゥーアーティスト)とベストカップル賞を受賞したり、ショップをフィラデルフィアにオープンさせている。

 

・Gt.Ryan Sitkowski /ライアン

上手で無表情にギターを弾く姿が印象的な正統派イケメン。メイクも他のメンバーに比べると薄い。最近Food Punchなる動画をたまにあげている。ゲームも好きでアイスホッケー等のテレビゲームをしている姿がバンドの動画や自身のアカウントにアップされている。

 

・Gt.Ricky "Horror" Olson /リッキー・ホラー

コーラスも担当、下手ギター。TJ脱退の際にはベースを弾いた事もあった。羨ましいくらいひたすら美人、というか美形。ちなみに彼とジョシュアは私と同い年である…。他のメンバーと比べるとSNSの更新も少ないが、ライブマナー等については誰よりも早く発言して注意喚起することもある。最近絵を描いている。

 

・Ba.Devin "Ghost" Sola /ゴースト

TJ脱退後、現メンバーでは最後に加入したベーシスト。ディズニーが大好きでオフに遊びに行ったり、白雪姫やマレフィセント、ナイトメアビフォアクリスマスの子鬼などのタトゥーを腕に彫っている。ライブ中に特に凝った格好をしており、いまやVo.のクリスよりも奇抜な格好をすることが多い(101のクルエラ/バットマンのJoker/ブギーマン/ホラー映画の登場人物etc...) ブランド"WORN DOLL"も展開中。

 

・Vinny Mauro

(2015年11月時点ではオフィシャルやWiki全てでツアーサポートドラマーの表記になっているが、12月に彼のTwitterのプロフィールからTOURの文字だけが消えている。発表がないので正式に加入したかどうかは不明)

ちなみに結成当初のメンバーには、現Escape The FateのTJもいた。

 

忘れもしない、彼らの初MVでもある【Ghost In The Mirror】を学生時代にたまたま見つけたのがこのバンドを知ったキッカケだった。

最初の印象は『なんだこの気持ち悪い(褒め言葉)ボーカルは!?』←

曲自体、流行りのシンセの利いたブレイクダウンのあるスクリーモという感じでとてもかっこよくて好みだったのはもちろん、一際目立つVo.クリスのセンスとバンド全体のダークな世界観にやられた。それから発売していたEPをなんとか海外から取り寄せ、バンド公式の配信動画やYoutube上のライブ動画等を全て調べあげ片っ端から観た。ステージを降りると茶目っ気たっぷりに全力でバカやってる学生ノリ的なところなんかも凄く気に入った。

 

影響を受けたバンドの1つにSlipKnoTをあげ、お客としてフェスを見に行っていたりツアーバスにマスクを持ち込んでいたり、SlipKnoTのコスプレをしてライブをすることもあった彼ら。

映像内の小道具や色使い等のセンスが光る【America】のMVは、SlipKnoTのショーン・クラハンが映像監督を担当。この夢の組み合わせに当時歓喜したのは言うまでもない。


2015年夏にはSlipKnoTのSummer's Last Stand Tourにトップバッターとして全公演帯同。確実に、一歩一歩上へ進んで行っている。


この12月に予定されていた盟友NEW YEARS DAYとのUKツアーは、SOLD公演が出るなど事前から注目が高かったが世界情勢的な事情から一旦キャンセルを発表。

また、A DAY TO REMEMBERのBIG ASS TOURでオーストラリアを回る事が決定している。(このツアーに一緒に参加が予定されていたThe Ghost Insideは先日の事故の影響でキャンセルとなった模様)


次回作のアルバムについてはまだ未定。

早ければ来春にまた取り掛かり出せたら良いな…とはインタビューでのクリス談。

追記:次回作はFearless recordからは出さないとの発表アリ。



SlipKnoTのツアーにMotionless In Whiteが!?

夢みたいだ!おめでとう!行かなきゃ!!

f:id:MAR1NA:20151206115239j:image

……間違いなく、私の渡米参戦のトドメの一発は彼らだった。もちろん、LoGもBFMVもとても素晴らしいバンドで楽しみにしていたのは確かだ。

でも、Motionless In Whiteが出演していなかったら私はアメリカまで行っていない。断言する。それほど、私にとってこの夏のSlipKnoTのツアーは願っても無い組み合わせだったのだ。


現地では圧倒的に他の2バンドの知名度が凄く、公演によってはMIWがガラガラの状態でライブをしている事もあった。

まだ全員が20代、『呼んでくれてありがとう!観てくれてありがとう!』とそれでも全力で叫んでいたクリスや一切手抜きのないパフォーマンスを見せてくれたメンバーの皆。

益々MIWが大好きになったのはもちろん、この先へ繋がる彼ら自身の大きな経験になっただろうと思う。

これからもずっとずっと応援してる!



今年最後のショーがテキサスで、しかもメンツが個人的に素晴らしいスクリーモナイトで行きたくてたまりません。。

f:id:MAR1NA:20151206114625j:image

……仕事頑張って、来年はもっと長いセトリのヘッドラインツアーに行ってこようと思います。