来日決定までの小噺 (10月5日トークイベントのお知らせ)

連日、多くの反応を頂いております

MHz FEST

 

sort.eplus.jp

現在、バンド取り置きは即日で限定数がオーバーしてしまい、こちらのイープラスでの発券のみとなっております。

当日の入場順につきましてはプレイガイド→バンド取り置き→当日券(あれば)…という形になっております。よろしくお願い致します。

 

 

 

さてさて。今回の来日公演、Thy Art Is Murderのギタリストでバンドの運営も自身で行っているリードギターのAndy(アンディ)がふと相談してきた言葉からはじまりました。

 

『日本の良いプロモーター知らない?日本にマジで行きたいんだけどさ』

 

そこから紆余曲折あって、今年の6月には何故か私が彼らの来日を手掛ける事に。。

 

 

しかしここでとんでもない事実が判明しました。

 

Thy Art Is Murderのヨーロッパでの人気が異常すぎる。

 

……なんて奴らを私は組もうとしているんだ、大丈夫なのか、最近会話が結構フランクになってきたけど、これマジでヤバいんじゃないのか…。

 

CJには『ハンサムブラザーズにもうすぐ会えるぜ?楽しみにしてなよ!』とか言われて受け流していたんですが、CJは本当にハンサムなのではないのか…。

 

Thy Art Is Murderはもちろん、Fit For An Autopsyが友達だと言うと何かがおかしい。

Wacken Open Airも、FFAAと一緒にいるというだけでアーティストバックステージまでスイスイ通された。

 

私はなんて人達の初来日をやろうとしているんだ……。

 

 

TAIMの機材のチェックをしていてもエンドースが異常に多い、この人達は本当にアーティスト業だけで飯食ってるタイプの人だ…どうしよう。

奥さんが全員超美人だ、こんなチビブサイクが隣に並んだら怒られないだろうか…どうしよう。

身体デカいし食べる量が異常に多いじゃないか……どうしよう。

CJが『セキュリティ踏み越えてステージ上がってこいやー!!』をやったら、私(当時は自分がセキュリティをやるつもりだった)ボッコボコにされるじゃないか…どどどどどうしよう。

 

そんな不安もありつつも、大好きな彼らの来日だから何をやっても成功させようとより強く決意しました。

 

今回の来日公演のもう一人の立役者は

 このギタリストのアンディです。アンディが居たからこそ、今回の話がまとまりました。

 

皆、曲終わりとかに「あんでぃぃぃぃぃいい!!」って叫んでください。

きっと照れます←

 

普段CJコールが多い彼らのショーですし、日本じゃ圧倒的にドラムのリーが著名な印象がありますが、是非ともアンディコールを期待したい。

 

 

そのアンディの話を聞いたインタビューが、最近発売されたデスコアガイドブックに掲載されています。へぇ…!!って思う話も載っているので是非チェックしていただければ。

 

さて、その関係でこのデスコアガイドブックの出版記念トークイベントに参加することになりました。 

publibjp.com

どう考えてもこの並びで明らかに私一人、語彙力と知識量が著しく乏しいのですが…。

それでも普段海外で活動していて、人前でお話をすることは無いし今後も恐らく無いと思うので…もしよかったら見に来ていただけると嬉しいです。予約数限定だそうです、予約の方法は下記に記載してあります。

 

■チケット1,500円(税込)+ワンドリンク
※限定30席
※当日券5枚(1,700円、立ち見の場合もあり)
※当日ご来店の入場順となります(予約順ではございません)。

■出演
・ゲスト:脇田涼平(『デスコアガイドブック』著者。Riff Cult/RNR Tours)
・ゲスト:摩利那/Marina Isami(ISAMIMHZ WORKS/Vorpal Music)
・ゲスト:Bitoku(Sailing Before The Wind)
・司会進行:ハマザキカク(『世界過激音楽シリーズ』パブリブ編集)

 

■チケットご予約
mail: dues@diskunion.co.jp
※件名に、2017月10日5日(木)の日付
本文に以下の3項目記載必須にてお願いいたします。
①お名前
②お電話番号
③希望枚数


場所:dues 新宿
〒160-0022 新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル4F
tel 03-6380-6141
アクセス

 

 

今回すっとばした、Thy Art Is Murder / Fit For An Autopsyの来日が決まるまでの話や、彼らとのアレコレやメンバーの面白い所…は私しか話せないかなと思うので、それをお話しできたらなぁと。

特にThy Art Is Murderはその注目度の高さから色んな媒体に出てますが、Fit For An Autopsyはあまり情報が出ていないバンドでもあるので、色々彼らの魅力をお伝えできたらいいなと思っています。

 

 

ちなみに、私のイチオシは

f:id:MAR1NA:20170917183431j:image

FFAAのもう1人のギタリスト、Tim(ティム)。なんと私と同い年で誕生日も1日違いでした。。

愛されキャラです、顔めっちゃ怖いけど。

すっごく天然です、顔めっちゃ怖いけど。

イジられキャラです、顔めっちゃ怖いけど。

とっても感情豊かです、顔めっちゃ怖いけど。

凄く優しいんですよ、やっぱり顔はめっちゃ怖いけど。

 

凄く喜んでるのに眉間に皺が寄るタイプの子です。

でも話すと本当に優しいんですよ。皆ティムの事が大好きです。

 

 

そして大好きな大好きなパトリック。

f:id:MAR1NA:20170917184504j:image

 私の思う、世界一優しい理想のお父さんは彼です。

アトランタ公演の時に、彼の奥さんと息子くんに会ったのですが、あんなに可愛くて性格のいい子、今まで出会った事ない!!っていうくらい素敵な子だった。彼の愛情溢れる育て方がそのまま反映されてるんだなぁって。

 

ちなみにFFAA来日の際に話題に上がったようですが、

Broken Ties...Spoken Lies

Broken Ties...Spoken Lies

  • Shattered Realm
  • ロック
  • ¥1500

Shattered Realmの創成期メンバーだったのが彼です。

 

ハードコアシーンともいまだに繋がりが強く、デスコアファンだけでなくハードコアファンも混ざり合う超治安悪いピットが出来上がります(笑)

 

正直、仲良くなるまでは世界で二番目に怒らせてはいけないギタリスト…(一位はSlipKnoTのミック)だと思っていました。ありえんくらい優しいし紳士な人でした。

 

 

 それから今年から正式にメンバーとして参加しているBa.のブルー。

 f:id:MAR1NA:20170917190555j:image

彼はDysenteryの結成メンバーで、今でもバンドのほぼ全てを彼が管理しています。

また、Internal Bleedingのライブメンバーだった経験もあります。

彼が時折SNSに投下してくるブルデス関連のポストが密かな楽しみです。

そんな彼ですが、猫ちゃんが大好きです。猫の動画を探しては嬉しそうに見せてきます。ある意味、ギャップで悶えます。腹がよじれそうです(笑)

 

Fit For An Autopsyは私がこれまで出逢ってきたバンドの中でも、もっとも優しいと言っても過言ではないと思っています。でも、実際彼らに会うまでは「うそでしょ!?」って思うらしいんですけど…。

 f:id:MAR1NA:20170917190620j:image

(Wackenのミーグリでの様子、奥にいるティムに全部持っていかれる一枚、ホント彼ナイスキャラです)

そんな彼らと、是非来日の時には触れ合ってみてください。

既にFit For An Autopsyにはミーグリの許可もいただいているので、組む予定です。

 

引き続き、情報やイベントの事等チェックしていただけたら嬉しいです。

 

人見知りの私ですが、10月5日は頑張って冷や汗かきながらお話ししようと思います。

皆様にお会いできたら嬉しいです:)

お待ちしております。

MHz FEST 日本国内のデスコアバンドの方へ セキュリティ募集

 

f:id:MAR1NA:20170917154746j:image

【募集】

この度来年2月4日、吉祥寺CLUB SEATAにて開催されるMHz FESTでのセキュリティスタッフを公募したいと思います。

 

当日は開場前の入場整理スタッフは手配しておりますが、イベントのジャンル上セキュリティはこちらで用意しなければなりません。

 

セキュリティスタッフの主な仕事は

・ダイバー/クラウドサーファーのキャッチ

・長時間動画撮影をしている人がいた場合の注意(酷い場合は没収可とします)

・ゲストエリア前でのパス確認

・楽屋入口でのパス確認/警備

…等です。

 

私自身も先陣切ってこのセキュリティを自身でやるつもりでしたが、さすがに人手が足りない為、男性の方、20歳以上の方、スポーツ歴を考慮…で募集をする予定でした。

ここで友人である長崎のHOTOKEのVo.Reigaくんより案があったので、それに私も賛同し募集させていただく事にしました。

 

今回の来日公演について、日本のデスコアバンドの方の中から有志でセキュリティスタッフを公募したいと思います。

 

・2月4日、終日吉祥寺の会場にいる事が出来るバンドの方

・待遇として、昼食代と顔合わせに参加、バンドに直接手渡しで音源を渡せる機会を作ります

・2-3バンドを募集、時間交代制といたします

・海外での公募条件と同じく、各SNSチェックさせていただきます。誹謗中傷表現等が目に余る方は申し訳ありませんが選考の対象外とさせていただきます。

 

ご希望のかたは

・バンド名

・代表者氏名

・人数

・電話番号

・一言アピール文

を記載の上

info@vorpal-music.com 宛てに《セキュリティ公募》のタイトルでメール送信下さい。

 

携帯からメール送信の方は、必ずドメインの指定/解除をお願い致します。

皆様の応募、お待ちしております。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

私はこの2年間、ほぼ海外でのみ活動をしてきました。

正直、私は日本の音楽シーンのことはあまりわかっていません。今回声をかけた日本のバンドも、そのほとんどが私が学生だった7年近く前からの知り合いだった人達のバンドです。

 

 

一緒にやりたかった…という声も結構見かけました。

出れるならいつでも連絡ください!というバンドさんも結構いました。

出たいです!なにか協力させてください!と丁寧なメッセージをくれたバンドさんもいました。

…しかし限られた日数の中でその全員の希望を叶えてあげる事はできません。

 

ましてや、偶々ネットで見かけたその声に私が反応するわけにもいきません。

 

この二年間、私は全て参加した海外公演については担当者や関係先にメールや何十枚もの書類を提出して参加してきました。行きたい、撮影したい、取材させてほしい、その熱意は人一倍伝えてきたつもりです。その上で、もちろんダメなこともありましたが半数以上は希望を通して今までの撮影や取材ができる事になったのです。

今回のヘッドライナ―2バンドとも、そういった経緯があり仲良くなりました。

 

残念ながらMHz FESTは全ての出演バンドが決まっております。

しかし、出たかった…という声は多く見かけても、人づてに出たいと声をかけてくる人は居ても、実際に「なにか協力させてください」と直接コンタクトをくれたバンドさんは1バンドだけでした。その方々には今とある形でお返しをしております。

別にそれが悪いというわけではありません。結構私は海外のバンドのツアーブッキングをお手伝いする事もあるのですが、特にデスコアやメタルコア勢の『~とやりたいからどうにか繋げてツアー組んでくれない?』という熱意やハングリーさは凄いです。

頑張ればチャンスは転がっている…という感覚が、海外の方が傍にあるからなのかもしれません。

 

今後は海外のツアーブッキングへの仲介等もお手伝いしていければなと思っています。

もちろん、料金は発生しますが、興味あるバンドさんはいつでも声をかけてください。

 

 

話は戻りますが、今回の来日公演についてThy Art Is MurderにもFit For An Autopsyにも

『皆が普段ショーをしている会場よりはずっと小さいと思う、でも今回は初来日、皆に憧れて一緒にショーをやりたがっているバンドは沢山いるんだ。どうか今回は、その人達と夢を叶えながら、より皆の名前が日本に拡がる来日公演にしてほしい。次はもっと大きくしていきたい、もっともっと私は皆と大きなイベントにして続けていきたいんだ』

と話しました。すると彼らは

『もちろんだよ!じゃあ次もマリナが呼んでくれるんだね!絶対やろう!』

そう即答で返事をしてくれたんです。

 

 

今回、MHz FESTに出演してくださるVictim of Deceptionという日本のバンドがいます。このシーンを好きな人なら今やほとんどの人が知っているでしょう。

彼らの曲やセンスは私も大好きです、本当に素晴らしくて輝るモノを持っていると感じます。でも、今回お誘いしたのはその実力や知名度だけが理由ではないんです。

VoDとはWhitechapelの来日公演の時に初めてお話ししました。その時私はオーストラリアのA Night In Texasというバンドについていたのですが、同じオーストラリア出身のThy Art Is Murderの話をするメンバーの皆さんの嬉しそうな表情や、ANIT/Whitechapel、SOFでのショーを観ている時の凄く嬉しそうで心から楽しんでいる姿を見た時に、「絶対この人達を誘おう…!!」と心に決めたんですね。その時、実は既にThy Art Is Murderのメンバーとは来日についての話をしているところだったので、その皆さんの姿に心を動かされた部分もありました。

 

f:id:MAR1NA:20170917154930j:image

今回、サンフランシスコまで行きThy Art Is Murderと話している時に、日本から持って行った3枚のCDを渡しました。

一つ一つのCDについて説明している時に、これだけは言おうと思って

『あのね、このバンドWhitechapelの来日のサポートをしていたんだけど、本当にいい人達でね。皆の事が大好きでThy Art Is Murderと一緒に演ることが夢だったんだって!』

とその場にいたショーン、CJ、アンディに話したのですがその瞬間の皆の『マジで!』って言う物凄く嬉しそうな表情、写真に残してVoDの皆さんに見せたいくらいでした。

 

この公演を成功させて、何度でも彼らやもっと多くのデスコアバンドが日本に来れるようにしたい。そしてもっともっと大きなイベントに、夢のある企画にしていきたい。

 

 

私は自身の夢を第三者に粉々に砕かれてきました。

でも、今はもうそんな古くさい風習も時代も終わってきていいと思うんです。

日本には技術の高いバンドや頑張っている人達が沢山います。

だから私は、自分が何も叶えられなかった分、多くの人達の夢を叶えるお手伝いがしたい。そっと道を作る人でありたいと思っています。

日本だから…という現実を諦めるセリフに使うのではなく、どうやったら皆でやれるか…という打開策を考えて一緒に上がっていけるシーンになればいいなと私は思っています。

 

私の今回の仕事は、ヘッドライナ―2バンドを安全に次のツアー先へ向かってもらえるようにすること。海外のバンドに関わる時はいつもそうですが、彼らの家族、ご両親、奥さん、子供…の元へ笑顔で帰れるようにすることが仕事だと思っています。

命に代えても、彼らの事を護ろう。それくらいの気持ちではいるつもりです。

 

ファンの方にはどうか観に来てほしいです。

500のキャパを小さい!という人もいれば、TAIMとはいえ日本だぞ?500は強気すぎるだろう!という声も上がりました。どちらに転ぶかは、見に来てくれる皆様次第です。

 

そして日本のデスコアバンドの皆様、私は受付先のアドレスも公開してます。実際、そこにコンタクトをくれて仲良くなった海外のバンドも沢山います。

私は別に凄い人でも何でもないので、気軽にセキュリティの件でも、次回MHz FESTを開催するとしたらその際にでも。ご連絡いただければ嬉しいです。

 

 

MHz FEST 各お問合せにつきまして

f:id:MAR1NA:20170910140420j:image

9月8日に発表となりましたMHz FESTですが、突然の発表だった事もありお問い合わせを幾つかいただいております。

各メールやリプライには返信いたしましたが、こちらにも掲載させていただきます。

 

オフィシャルのツイッターアカウントをご用意しましたので、そちらをチェックしていただけますと大変助かります。 @MHzFESTofficial

 

 

 ・バンドの取り置きが締め切ってしまった

→12日よりイープラスにてチケット一般発売を開始致します。

また、若干数ですが主催取り置きもございます。

 

 

・追加公演の予定はないのか

→トレイラー中のメンバーの発言にありますように、幾つか公演を準備しております。オフィシャルのアナウンスをお待ちください。

 

 

・アップグレードチケットはどこで買えるのか

→現在 MEET & GREETや海外で人気のCJのヴォーカルレッスンを調整中です。こちらはバンド予約をしている方でも購入できるように、後日別の購入方法をアナウンスさせていただきます。またギリギリまでスケジュールの調整やお客様の予定の事を考慮し、アナウンスは10月、発売は11月中を予定しています。

 

 

クラウドファンディングは達成していないのにヘッドライナーは来日するのか

→こちらは6月の時点でヘッドライナーである2バンドが決定した後に、ドイツのWalking Dead On Broadwayより打診があったため開設したプロジェクトです。達成しなかった場合はWalking Dead On Broadwayだけが来日しません。ヘッドライナー2組は不慮の事故等がない限り、来日は確定しております。

camp-fire.jp

本来であれば10月12日の発表を予定していたMHz FESTですが、Thy Art Is MurderがWalking Dead On Broadwayと元々交流があった事から、今回発表を早めイベント自体の注目度を上げようと協力してくれました。

その為、プレイガイドやフライヤー等が間に合わず、皆様を混乱させる部分があり大変申し訳ございませんでした。

 

 

その他、各お問合せ等ございましたら

TWITTER @MHzFESTofficial

EMAIL info@vorpal-music.com

までご連絡ください。メールでのお問合せの場合は必ずドメイン指定等の確認をお願い致します。

 

その他、2月4日吉祥寺CLUB SEATAでのセキュリティボランティアスタッフの公募等も後日アナウンスする予定です。一緒にこの企画を作りたい!と参加して下さる有志の方を数名募集します(セキュリティスタッフは男性の方限定です、当日はかなりフロアが荒れる恐れがございます)

 

その他、新しいアナウンスがありましたらTwitter @MHzFESTofficial に随時ポストしていきます。どうぞよろしくお願い致します。