是非チェックしてほしいバンド②

 

mar1na.hatenablog.com

5月頃に書いたこの記事。思った事をつらつら書いたら案外好評で、いろんな方が各バンドを聴いてくれたそうです。

 

なのでまた久しぶりにまさに今注目していたり、日本の皆様に聴いてほしいバンドをまたちょこちょこポストしようかと思います。相変わらず音源がなかなか手に入りづらいバンド多めですが、渋谷のNERDS様や大阪/心斎橋の礎様で手に入れる事ができる作品もあります。今回はバンド名A-Zの順で書きました。

 f:id:MAR1NA:20171015182317j:image

私も本格的に今月からディストロのストアが動き出したので頑張って仕入れていきます。誰かが手に取って心から喜ぶその一枚を。

 

 

Batushka

Wacken Open Air2017のテントステージで、その完成度と世界観にビビりまくりながらもひと目惚れしてきてしまったポーランドブラックメタルバンド。シーンに登場してからの年月はまだ浅いのだが、どうやら某有名バンドのメンバーが居るとかなんとか(詳しくは知らない、そして私はポーランド語が一切読めない)

鳥肌が立ってしまうほどの不気味さと、精巧な演奏。そしてVo.のXの声がまた凄いんです。あの空間、一度は体験してみてほしい。

 

Litourgiya

Litourgiya

  • Batushka
  • メタル
  • ¥1200

 

 

日本からBatushkaの音源やマーチがほしい!という方は

Sayukiさんの運営してるDekalog11というサイトがオススメ。

dekalog11.com

ジャンルは違えど、バンドが好きでポーランドへ行ったというSayukiさんの行動力や実行してる事に凄く尊敬の念を抱いております。

Batushkaのインタビューが滅茶苦茶素晴らしかったので是非読んでみてください!

 

 

Brutality Will Prevail

 2005年にUKのカーディフで結成されたメタリックハードコア。

…そうです。このジャケ見たらBatushkaと同じ感じのバンドを想像してしまうかもしれませんが、最高にノレる落としてくるハードコアサウンド。

In Dark Places

In Dark Places

  • Brutality Will Prevail
  • メタル
  • ¥1500

 2017年3月に発売された最新作In Dark Placesがたまらなく好みで即買い。これまでのリリース作品もすべて一貫して、ジャンルを間違えてしまいそうなほどダークさ溢れるアートワークが魅力の一つ。

 

 

DEADTHRONE

 UKのメロディックメタルコア

最新作EP "To Hell and Back"が素晴らしすぎる完成度。

一曲目のOur Legacyの泣けるメロディのエモさは最強。美しいクリーンやギターのメロディが印象的ですが、疾走感のあるゴリゴリな曲もまた素晴らしい。UKのメタルコアってバランスが凄くいいですよね。

To Hell and Back - - EP

To Hell and Back - - EP

  • DEADTHRONE
  • ロック
  • ¥1200

 

 

Despite Exile

 先日このウェブログで紹介したイタリアのプログレッシヴデスコア。

mar1na.hatenablog.com

新作の期待値が相当高いのですが、Vo.のJeiが日本にとても行きたいと

当ストア直輸入/日本限定特典付きアルバム

をやりたいと提案。現在2人でレーベルと話をしているところです。

世界各国いろんな国の色んなバンド観てきましたが、お世辞抜きでこのJeiの美しさは反則です。なのに凄く誠実で丁寧、楽曲センスも素晴らしくてあの声…なんだ、キミには怖い物なんて存在するのかい?? そう聞きたくなるような人物です。

彼の『日本だけの特別な何かをやりたい』その想いにどうにかして応えたい、1人でも多くの人に聴いてもらいたいバンドです。

 

Disperse

Disperse

  • Despite Exile
  • メタル
  • ¥1050

Sentience

Sentience

  • Despite Exile
  • メタル
  • ¥1500

 

 

END

 もはや説明不要、ドリームチームでありスーパーバンドと評されるEND。

mar1na.hatenablog.com

先日Thy Art Is MurderのEU TOURに行ってきたのですが、GtのショーンとENDの話をしたんです。このメンバーが集まって曲を作って、ショーまでしてるのはもはやミラクル!と彼が言うほど、やはりそれぞれのメンバーが超多忙な人達。特にWillとCounterpartsのBrendanの忙しさは異常だとも。そういえばCounterpartsも新譜リリースしたばかりですよね、楽しみ。

 

『Will Putneyに会うまでは死んでも死にきれない。しかも今なら、ステージでギターを弾いてるWillが見られる!そしてニュージャージーのハードコアシーンを体感したい!』

ただそれだけの理由で11月にニュージャージー州のフェスに行ってきます。

人生は一度きりです。ボッコボコになろうがWillの姿を前列で拝んできます。

 

 

Kublai Khan

 新譜最高、テキサスのメタルコアバンド。

ハードコアの要素も盛り込まれていてモッシュ必須の曲ばかり。今作の発売…というかアルバムNomadに収録されているThe HammerのMVが公開された途端、界隈のバンドが大興奮してました。とりあえず公開早々TAIMのAndyとFFAAのTimが絶叫ポストしてたのは忘れもしない(笑) それくらい素晴らしい作品です。

Nomad

Nomad

  • Kublai Khan
  • ロック
  • ¥1500

 

Signs of the Swarm

ペンシルヴァニア/ピッツバーグ出身のスラミングデスコア。

今作からUnique Leader Recordsへ所属し、いよいよ11月に待望の新作をリリース。

曲の構成がたまらない、そして注目すべきはこのVo.CJの特徴的な声。こんなにも低く響くガテラル/グロウルを披露するヴォーカリスト、彼はその中でも飛びぬけて巧い。

当ストアでも取り扱いが決定し、プレオーダーの予約をスタートしたところ約2日で全てのマーチバンドルが完売。聞いたところメンバー全員がまだ20代前半、前作を制作中CJはまだ20歳だったそうだ。これからの活躍に要注目のバンドである。

 

Senseless Order

Senseless Order

  • Signs of the Swarm
  • メタル
  • ¥1500


 

A NIGHT IN TEXASが12月発売の最新作よりPopulation ExterminationのMVを公開!

今年4月に初来日を果たしたオーストラリアデスコア、A NIGHT IN TEXASが12月11日発売予定の最新作GLOBAL SLAUGHTERよりPopulation ExterminationのMVを公開!

彼らならではのキレのある演奏と破壊力満点のヴォーカル。

そして今作よりドラマーのアンソニーが正式に加入したとのことで、最強な布陣で製作されたアルバムに今から期待大です。

 

f:id:MAR1NA:20171013085002j:image

アルバム GLOBAL SLAUGHTER はストアVorpal Musicでも取扱が決定。

マーチ等もガンガン仕入れていく予定なので、新譜を楽しみにしている方や彼らをサポートしたい方は是非。

トークイベントありがとうございました。

f:id:MAR1NA:20171008164156j:image

少し時間が空いてしまいましたが、10月5日 Dues新宿でのデスコアガイドブック出版記念トークイベントありがとうございました。

 

圧倒的に知識量豊富な皆様の中で、私で大丈夫なのかとビクビクしていましたがイベント中楽しく過ごす事が出来ました。このような機会を設けてくださったハマザキカクさん、RIFF CULTのワキタさん、そして貴重なお話を聞かせてくださったビトクさん、ご来場してくださった皆様、改めて感謝申し上げます。

 

なんだかアホみたいに海外飛んでってる謎の人…みたいになってないか不安ですが(笑)

Mirrorsのメンバーさんの面白い話も聞けて楽しかったし、Spider Killed Bananaman知ってる人がいるなんて個人的に胸アツでした。

 

一応海外に行く時は現地で写真撮影やバンドのインタビューをしています。 

デスコアガイドブックにも私の大好きなWhitechapelやWill Putneyをはじめ、各シーンで著名なデスコアバンドの貴重なインタビューが収録されていますので是非本を手に取って頂けると嬉しいです。アートワークとセットで新しく気になるバンドの名前を掘り起こしてみるのも楽しいですよ!

 

イベント中も何度か話題に登場したオーストラリアのThy Art Is Murder。

新しいライブビデオも公開されていますので是非。

…まさか冗談で話していたのに本当にCJのパンツの話をするとは思いませんでした。。

 

私が海外へ行くようになったのは、音楽を聴く事はもちろん、ライブになんて全く行けなかった学生時代の事があってからでした。

いつか…いつか観に行こう、いつか日本に来てくれたら…。

そう考えていたら、世界で一番大好きなバンドSlipKnoTのポールグレイが亡くなってしまい。世界で一番大好きなギタリスト、After The Burialのジャスティンも居なくなってしまいました。Suicide Silenceのミッチもそうです。

あんな思い、もう二度としたくない。

できる事なら誰にもしてほしくない。

そこで、言語の違う、情報の届く時間も違うこの日本へ、海外のバンドの言葉を伝えたいと思って始めたのがこの活動です。

 

どうせ人生一度きりなんだから。

そう思います。

 

最近は来日公演の準備で物凄く忙しくしているのでなかなかインタビューのアップができていませんが、体力の続く限り頑張りたいなぁと思います。

 

今私の元には多くのデスコアバンドやメタルコアバンドからのブッキングの依頼が来ております。また、先日のアメリカ遠征の際に某大手ブッキングエージェンシーとの提携を結ぶことが出来ました。この縁をずっと繋いでいきたい、そう思っています。

さっそくですが、MHz FEST Extra Tourがほぼ決定の方向で話進んでいます。デスコアとはまたひとつ違っているけど、私の大好きなジャンルです。続報をお待ちください。

 

 

イベントでも紹介しましたが、ネットにてディストロのストアをオープンしました。

vorpalmusic.thebase.in

初っ端から予約注文のキャンセルが相次ぎお腹がかなり痛い状況ですが、これもしっかり諦めず続ける事が第一歩だと思って頑張ります。

デスコアガイドブックも、今ならイベント記念で2000円+送料にて販売しております。お早めに。

 

 

たこちらはCAMPFIREにてMHz FESTとストアを続けていくためのプロジェクトです。ご支援いただけると嬉しいです。

camp-fire.jp

幾つかお問合せいただいたのですが、こちらのプロジェクトとストアについてはチケットやCDを安くするためのサービスではありません。イベント継続のサポートが目的だったり、仕入れにも料金が発生しております。ご理解いただけますと幸いです。

 

こんな激熱取扱いも決定しました。

嬉しいな~、Signs of the Swarmのメンバーとは新譜や色んなことについても話をしていたので、今回こうやって日本に彼らの音源やマーチを入れられることになって本当に嬉しいです。よかったらチェックしてみてください。

 

これから2ヶ月は怒涛の海外取材が続きます。

現地でしか手に入らないものもしっかり仕入れてきたいと思います。

今後とも皆様のサポートをよろしくお願い致します。